スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

制限改訂

気づけば非常に長い空白期間が。
バイトで体力を使い果たし、最近では殆ど何もやる気力が起きていませんでした。
情けない話です。
その間に中京大中京が恐ろしい点差で負けてしまったり、阪神が首位になったり、夏コミにて妖精大戦争が頒布されたり。
妖精大戦争は未入手。委託待ちです。故にネタバレ的な書き込みはご遠慮下さい。
それにしても妖精大戦争。主役はチルノで、三月精やその他妖精、もしかしたら妖精の新キャラも出るかも、何ですよね。なにこのロリコンホイホイ。

後は、巷で発表されている遊戯王の制限改訂に驚きを隠せなかったり。
救急猫の禁止、ガンやトリ野郎の規制はともかくとして、大嵐やブレインコントロールの禁止、ブラックホールに死者蘇生の制限緩和は・・・
正直な所、シューラ野郎が制限で大嵐が禁止という点が解せぬ。大嵐はそのままで太古の氷結界の竜が禁止にされて然るべき。
まあ今回は色々動きましたね。黄泉タンやサイバードラゴンが復帰したりイレカエルが禁止されたり。
またデッキ構築を考えないと。
スポンサーサイト

絶対に許さない。顔も見たくない。

相手をロックして勝つ。これも立派な戦術であり、僕も好んでいる。
だがそれを行なって満足をするには、ある程度の代償を支払ってこそだ。
例えばTHE WORLDのロック。光の結界、もしくは自力で正位置の能力を掴み、かつ墓地にレベルスティーラー等の自己再生能力をもったモンスターを二体用意しておかなければならない。
例えばヴェノミナーガ。ヴェノミノンを場に出し、かつ効果破壊を行なって蛇神降臨を使わねばならない。
例えばパワーボンド+古代の機械究極巨人。特殊召喚を防がれてしまうとこちらが大きな被害を被る。
このようにロックとは、険しい道を進んで初めて満足が得られるものだ。

だがどうだ。最近猛威を振るうインフェルニティは!
先攻を渡せばダークグレファーで墓地を肥やし、二ターン目にはトリシューラが三体も並ぶ。
BFもそうだ。インチキ効果でどんどん数を増やし、強力なシンクロモンスターをどんどん並べる。
魔轟神、救急猫、etc……そんなに簡単にトリシューラを並べて、何が楽しい。

許さない。
絶対に許さない。

僕はシンクロを殺す。
トリシューラ。ミストウォーム。ゴヨウ。ブリューナク。インフェルニティ。BF。
こいつらを並べて満足している奴等のふざけた幻想をブチ殺す。

なんとなくデッキリストを書いてみた

※この記事は随時更新予定。気が向いた頃に読むと増えたり減ったりしているかも。

・サイバー・アンティーク・ギア
 『古代の機械』を軸にサイバー・ドラゴン等で構成された機械族デッキ。
 罠を封じ圧倒的な攻撃力で打ちのめす。現在達成した最大攻撃力は17600。
 切り札は『古代の機械究極巨人』

・運命少女
 『フォーチュンレディ』が軸のデッキ。
 運命少女達の爆発力で暴走。カイクウさんや団結の力も侮れない。
 いつの間にか群雄割拠とか不協和音とかも注ぎ込んだ対シンクロデッキになっていたが、そんなの過去のこと。やっぱり事故りやすい。
 切り札は『フォーチュンレディ・ウォーテリー』

・レプティレス・ナーガ
 『レプティレス』を軸に爬虫類を注ぎ込んだデッキ。
 皆のアイドルナージャやヴァースキ様、更にはヴェノミナーガ様まで所属しておられます。
 切り札は『毒蛇神ヴェノミナーガ』。

・THE WORLD!
 『アルカナフォースXXI THE WORLD』を軸に天使族中心のデッキ。
 最大目標はワールドで相手の時をロックする事。ノヴァで愚者を呼び準備が整うまでただ耐えるのみっ。
 時を止められたら勝ち、できなければ負ける、典型的な1キルデッキ。
 切り札は『アルカナフォースXXI THE WORLD』。

・霞の谷の旋風
 霞の谷を中心としたセルフバウンスデッキ。
 巨神鳥&雷鳥ロックを狙ったりファルコンで護封剣や赤映像を手札に戻したり。
 一応、僕なりのガチデッキ。これでBFとかそのあたりを駆逐したい。
 切り札は『霞の谷の巨神鳥』。

・除外破壊
 壷やネクロフェイスを駆使してデッキデスを狙うデッキ。
 ネクロフェイスやニードルワームでデッキを、カオスポットでフィールドを荒らしまくる。
 屈指の事故率と屈指の達成感をもつロマン溢れるデッキとなっております。
 が、なんだか面白くないので殆ど使って無い。
 切り札は『カオスポット』。

・E・HERO!
 E・HEROを中心とした融合デッキ。
 通常融合、暗黒融合をのんびり使う。
 漫画HERO? 空気を読めない男しか入ってないよ!
 本気を出すとC・HEROに進化する。
 切り札は『E-HERO ダーク・ガイア』。

・サンクチュアリ・パーミッション
 天空の聖域とメルティウスを組み込んだパーミッション型デッキ。
 圧倒的にカウンタートラップが少ないのでまだまだ未完成。
 が、デッキの中核を殆どトレードしてしまい、事実上崩壊。
 切り札は『天空聖者メルティウス』

・インティ&クイラ
 太陽竜インティと月影竜クイラを軸にしたシンクロデッキ。
 ごく普通のインティ&クイラで何も書くことがない。
 切り札は『太陽竜インティ』

・C・HERO(カオス・ヒーロー)
 イービルヒーローデッキが進化した、エレメンタルにイービルでデステニーなデッキ。
 融合ミラクルフュージョンダークフュージョンダークコーリングなんでもござれ。
 ダークガイアにレインボーネオスにD-ENDが並んだら楽しそうだよね、というデッキ。
 切り札は『Doragoon D-END』と『レインボーネオス』

・レッドアイ・ドラゴンズ
 『真紅眼の黒竜』を組み込んだドラゴン族デッキ。
 ブラックメタル、アンデッドを除いたレッドアイズ達を駆使し力で相手をねじ伏せる。
 ミンゲイドラゴンを生かすため純正ドラゴン。シンクロも使うけど融合はしないよ!
 切り札は『レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン』(韓国語)

・TG
 TGを中心としたシンクロデッキ。
 これがシンクロ苦手な僕が作ったのかと思えるくらいシンクロできるデッキ。
 だがハイぱーライブラリアンが足りず、まだまだ満足していない。
 切り札は『TG ハルバード・キャノン』

・スピリットのような何か
 復活したスピリットを中心とした筈のビートダウンデッキ。
 場に残らないスピリットを駆使して相手を困らせる。
 エンペラーオーダーを駆使してドローしているようだが・・・?
 切り札は『夜叉』。

・未来から三つの力を携えてやってきたデッキ
 完全なるネタデッキ。
 『愛(ユベル)』、『罪(Sin)』、そして『権力(300倍)』を注ぎ込んだ超ヘビーデッキ。
 数えたらデッキの上級モンスターは16枚くらい入っていました。
 切り札は『300倍モンタージュ・ドラゴン』 オラオラオラァ! 300倍だぁ! パワーコラージュ!

・F・HERO
 HEROの三つ目の形体、それがF・HERO(フライング・ヒーロー)。
 使うのはフュージョンゲート、チェーンマテリアル、そしてカタパルトタートル。どんなデッキか、もうわかるな?
 ぶっちゃけHEROっていうよりマテリアル1キル。
 切り札は『カタパルト・タートル』。飛ばねぇヒーローはただのヒーローだ。

・エレキハンデス
 『カードは拾った』を地で行くエレキデッキ。
 拾ったエレキマイラを中心にダイレクトアタック、ドローロックや追い剥ぎゴブリンでハンデスを仕掛ける。
 切り札は『エレキマイラ』

(2011年4月23日現在)

わかる人にはわかるネタ

虎「くそっ! 俺のライフは残り1000もない! フィールドにはモンスターも罠も0! 手札はレプティレス・メデューサに毒蛇神ヴェノミナーガ! 使えなさすぎる! 対する相手は古代の機械獣が二体! 罠もたっぷりだ! ここはこのドローにかけるぜ! ドロー! 手札抹殺! 発動! 手札を二枚捨て、二枚ドローだ! 俺は、このドローにかけるぜ! うおおおおおおおお!!!」

蛇神降臨×2

虎「ゴwミw手wすwぎwるw\(^o^)/」

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 寝たいときには寝ちまおう All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。