スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀の歩 第十八回 『神々が恋した野球場』

 あれから――タートルズが日本シリーズを制してから一週間が過ぎた。幻想郷スタジアムは消え去り、同時に住民からも野球熱が覚めてしまったようだ。
 無論、私とて例外ではない。一週間前は野球の事しか考えていなかったのに、今では特に何を考えて過ごす訳でもなく、ただのんびりとした日常を送っている。
 この急激な住民の心変わりの裏には何か大きな力が働いているのかもしれない。が、原因を人である我々が探るのは愚の骨頂というものだ。幻想郷の実力者に楯突くなど、許されざる行為。
 野球は、幻想郷から抹殺されてしまった。

 何となく紅魔館球場に足を運んでみた。人里からは距離もあり吸血鬼の住処である紅魔館の傍まで行くことは危険極まりないが、半年にも及ぶペナントレースの後だ。紅魔館までの道も整備されており、妖怪が出現する気配もなかった。球場まで行って何をしようと思ったのか。正直わからない。本当に何となくだし、もしかしたら誰かに操られていたのかもしれない。
 日も沈みかけた頃にようやく到着。観客席には誰もいない。これが今の幻想郷における野球の価値観を表している様で多少寂しくなった。が、グラウンドではそれと正反対の光景があった。
 私が観たのはレフトに舞い上がる白球。悠々と二塁を陥れたのは十一冠王レミリアだ。マウンドに目を移せば、そこにはエース霊夢が。守備に着く面々もタートルズの選手。
それを観た刹那、私は観客席に座っていた。シーズン中と同じようにメモを取りながら。私の野球に対する情熱が戻ってきたようだ。
 その時選手達が行っていたのは野球というよりはお遊び。適当に打者と投手を決め、打者は点を取れば勝ち、投手は3つアウトを取れば勝ち。そんなルールの「弾幕ごっこ」だ。
 途中からは射命丸をはじめとするメンバーも合流。あの練習嫌いで休日は球場に顔すら出さなかった幽香もその中にいた。幽香にとっても、野球には何か感じる所があったのだろう。
 やはり野球は面白い。エースをあっさり打ち砕いたレミリア、萃香と幽香の力のぶつかり合い、幽々子の伝統芸、フランドールの壮快な場外弾。筋書きの無いドラマとはよく言ったものだ。
 何よりも最後の対決、アリスと魔理沙の戦いは見物だ。監督と選手の関係以上の何かで繋がっている二人。その戦いこそ、この日の対決を締める名勝負だ。アリスの変化球と魔理沙のパワーが真っ向からぶつかる。勝ったのはアリスだ。投手でありながら野手顔負けのパワーを持つ魔理沙を、巧みな変化球で完璧に抑える。
 これでこの日のお遊びは終わったようだ。全員が集まって何かを話していたかと思えば、すぐに解散、それぞれが自分の住処へと帰っていった。それを見届け、私も帰路につく。すっかりあたりは暗くなっていたが、何故か襲われる気がしなかった。まるで見えない何かに守ってもらえているような、そんな感じがした。
 突然幻想郷に表れた球場。野球と言う球技。それは我々人間だけではなく妖精を、妖怪を、幽霊を、神々までもを虜にした。
 この半年間の異変を阿礼乙女は「球宴異変」と名付けた。確かに一つの目的を達成する為に全ての種族が行動を共にする事は異常であり、先の紅霧異変や春雪異変のように異変と呼ぶのが相応しい。
 ただ、これを本当に異変と呼んでいいのだろうか? 『異変』と聞くと、どうしても何か良くない事を想像してしまう。が、今回の球宴異変、我々にとって不都合な事があっただろうか? いや、無い。むしろ我々を楽しませてくれた。この半年の出来事は異変と言うよりも宴と呼んだ方が正しいのではないか?
 その宴を、もう二度と行えない事が大いに残念だ。人間をはじめとする幻想郷の住民は野球を忘れてしまった。これまでのように皆で球場に詰め掛け、売店で買った食べ物を食し、飛んで来るボールを掴みナイフを避け、選手達が織り成すドラマに感動する事は、もう、ない。
 それでも私は信じたい。いつかまた、皆で球場に詰め掛けることを。幻想郷にまた、野球が帰ってくることを。

 幻想郷に住む物が皆野球を忘れてしまっても、タートルズの選手達がいる限り、野球と言う想いは無くならないだろう。

(尚、選手写真は兎虎が行方不明になった為無掲載です。ご了承下さい)

あとがき
僕は亀の歩を、一種の幻想入りみたいに書いた。
『僕』の分身である『虎兎』を幻想郷タートルズに密着させて、その行く末を見守るように書いた。
日本シリーズ終了と同時に野球も忘れてしまった『虎兎』。少女達のプレイを観て、野球は必ず戻ってくると信じた『虎兎』。
本当の僕は、いったい何処にいるんだろうね?
スポンサーサイト

亀の歩 第十七回 『日本一』

 リックの打球が雨上がりの水分を含んだ空気を切り裂く。抜ければ試合の行方を大きく変えるであろうそれは、妹紅のグラブにすっぽりと収まった。瞬間、選手が一斉にマウンドに集まる。中心に立つアリスを労う為に。優勝の喜びを噛み締める為に。
 全員が満面の笑みを浮かべている。監督はもちろん、魔理沙が、妹紅が、レミリアでさえも、優勝と言う名の美酒に酔い痴れる。
 この一年、タートルズの動向をずっと追っていた私には、彼女達が一つの劇を成功させたように思えた。

■選手を信じる采配

 日本一の功労者は誰か、と選手達に問えば、全員がアリスだと答えるだろう。中継ぎ投手も兼ねながら二癖も三癖もあるタートルズの選手を一つにまとめ上げ、チームとして成立させたアリスの手腕には、目を見張るものがある。
 幻想郷の住民、特に妖怪は我が強い。自己中心で力強く、他者に従うことを良しとしない。そんな者達をただの人形遣いが、まるで己の人形を操るかのように采配を執り、勝ち星を重ねた。チーム内での確執も無く、全員が和やかムードで野球に集中していた。
「初めて試合で投げた時ね。とっても緊張したの。もし打たれたらどうしようって思うと、すごく怖かった。でも、アリスが優しく励ましてくれた。だから落ち着いて投げれたんだ!」
 シーズン半ばから一軍に合流し、四勝をあげたメディスンは、精神が丈夫な選手ではない。幼げな雰囲気を醸し出し、少し強く当たればすぐにでも折れてしまいそうだった。メディスンに必要なのは、優しく接してくれる存在。アリスはその役を見事にこなしてみせた。全ての選手が楽しく野球に集中できるように、ただそれだけを考えて。
 チームの雰囲気、勢い、結果。全てがアリスがいなければ成し遂げられなかっただろう。

■七色変化球

 選手としてのアリスは、中継ぎとしてチームの危機を幾度と無く救った。特筆すべきは、『七色変化球』と比喩される多彩な持ち球。汎用性の高いスライダー、キレ味鋭いシンカー、微妙に落ちるサークルチェンジ、不規則に動くシェイクを自在に操り、打者に的を絞らせない。
 だが、球速は他の投手と比べて遅く、最高球速は135kmにも満たない。それ故にストライクゾーンの隅を突く精密な投球で打者を打ち取ってきた。たった一つのミスも許されない、気力と神経を必要以上に使う投球。それを可能にしていた集中力が、ついに途切れた。
 日本シリーズ第五戦、一点リードの八回表、マウンドにはアリスが登った。一死後、三番の礒部に投じた二球目のスライダーは殆ど曲がらなかった。失投。その一言がアリスの脳内をかすめる時には、打球はライトスタンドに放り込まれていた。
「あの一球は完全に私のミス。今まで抑えてくれたメディや点をとってくれた皆を、あれだけで裏切ってしまった。本当に、皆には申し訳ないって思った。でも、これが選手を信用していないって事だった。勝ち星だけを気にして、チームの勝利を後回しにして・・・散々皆で勝つって言っていたのに、私は成績だけを気にしていた。そんな考えだから、あそこでホームランも打たれたのかもね」
 傷心のアリス。チームが勝ったからよかったものの、肝心の監督がこんなにも落ち込んでいては、次の試合に何かしら影響が生じるかもしれない。が、第六戦には何事もなかったように指揮を執るアリスの姿があった。自身も九回のマウンドに立つ。先頭打者は本塁打を浴びた礒部。
「同じ過ちは繰り返したくなかった。だから先頭打者は完璧に抑えたかった。そうしないと、自分の中で悔いが残ってしまう気がして・・・」
 初球は内角のスライダー。前回は曲がらなかったボール。が、今回は見事に決まった。内角を意識させられた礒部は続く外のシュートを見送り、真ん中低めの直球を引っ掛けてセンターフライ。たった三球で、因縁の相手を打ち取った。
 その後もヒットを二本打たれたものの、後続を断つ。アリスはマウンドという特等席で優勝を迎えた。

 少女達が全力を尽くして勝ち取った日本一の称号。この栄光を幻想郷の住民は絶対に忘れないであろう――。

(尚、選手顔写真は兎虎が盛大に散った為無掲載です。ご了承下さい)

あとがき
祝、幻想郷タートルズ日本一。監督兼中継ぎ投手のアリスの心身労は凄まじい。メンバーがメンバーだし。
地味に礒部が因縁の相手扱い。日本シリーズじゃ礒部は凄いのか乙なのかよくわからん。
この回は明らかに2000字に達していないのに2000字オーバーだとか言われた。何がいけなかったんだ・・・?

亀の歩 第十六回 『目覚めた百鬼夜行』

 日本シリーズ第五戦はタートルズが勝利。日本一に王手をかけた。
 タートルズの戦いを象徴するような、代打を絡めた繋ぎの攻撃が見事に決まった。同点に追いつかれた直後の九回、小町、美鈴の連打で一二塁とし、代打スイカが勝ち越しタイムリーツーベース。続く代打幽々子もスリーランを打ち、試合を決定付けた。
 いつもながら代打の的中率が高い采配だ。まだベンチには藍がいたにも関わらず、迷いなくスイカ達を送る。この思い切りの良さが勝利を演出した。なによりも、一つ間違えれば流れを切りかねない場面だったが、ここで確実性の低いスイカを送り出す思い切りの良さが光った。

■冷め切った期待

 シーズン中は特にこれと言った活躍が出来なかったスイカ。代打として使うには博打要素が強く、スタメンとして使うには守備が雑。
 さらには不真面目な練習態度。ノックをまともに受けず、打撃練習ばかり。十球ほど打球をスタンドへ放り込んだらベンチに引っ込んで酒を飲んでいる。選手、監督に与えている印象は最悪。それでもチームが乱れなかったのは、スイカがそういう存在であると知られていたからだろう。
 ただ、それが許されるのは選手の中だけ。ユニフォームを着て球場に立てば立派なタートルズの選手だ。なのにそんな態度では、ファンの見る目は冷たくなる。打席に立った時点でアウトと思われているのがその証拠。
 しかし萃香は態度を変えない。いつも通り酒を飲んで試合に出、いつも通りに凡退。もう萃香に期待しているファンはいなくなってしまった。

■転機

 が、最近の、それこそシリーズが始まってからのスイカは多少酒は飲んでいるものの本格的に練習に取り組んでいた。前述のようにすぐやめていた打撃練習も、今は他の選手が迷惑するほど長く続けている。
 転機となったのはシリーズ第一戦。八回二死満塁で打席に立った。一打逆転の場面だったが、フォークを引っ掛けてショートゴロ。第一戦の敗因として挙げられてしまう。さすがのスイカもこれには堪えられなかった。
「練習とかしなくても、私なら簡単に大きいのを打てるって思ってた。でも、実際は違ったよ。直球はまだしも、変化球に全然目が追いつかない。変化球で揺さぶられると、直球も打てない。そうなったらもう何を投げてこられてもダメ。満塁の場面で一本も打てないなんてね・・・鬼失格だよ、私は」
 いつもならば笑って誤魔化すのだが、今回は弱気なコメントを残し、すぐに引き上げてしまった。
 その翌日から、スイカは練習に本気で取り組んだ。元々パワーのある選手。打席数は少ないものの、シーズンの長打率は6割6分7厘。OPSはレミリアと共に1超え。ボールに目を慣らしておけば結果が出るのは当たり前だった。第二戦では二安打一打点の活躍で汚名返上し、六戦では決勝タイムリー。
「もう手は抜かないよ。これからは全力で野球をする。試合は少ないけど、その中で絶対に鬼の力を・・・百鬼夜行を球場に引き連れてやる!」

 絶対に嘘を吐かない鬼がきっぱりと言い切った。眠れる鬼がとうとう目覚めたのだ。

(尚、選手顔写真は兎虎が何者かに拉致された為無掲載です。ご了承下さい)

あとがき
萃香やゆゆ様が打った回。ゆゆ様はともかく、萃香はシーズンでは三割打ってたのになぁ・・・
僕は萃香が好き。というよりも、嘘を吐かない鬼という種族が好き。
今の世の中じゃ鬼じゃなくとも姿を暗ましたくなりますて。これあとがきじゃないよ。

亀の歩 第十五回 『最後のピース』

 ついにフランドールと美鈴が帰ってきた。選手達もそれに応えるかのごとく好プレーを連発した。初回に咲夜が目にも止まらぬ華麗な送球でホームを死守すれば、楽天キラー妹紅は二本の本塁打で六打点。魔理沙は五回を完璧に押さえ、さらにはオープン戦以来となるホームランでリードを広げる。チーム全体が二人の帰還を祝福し、盛り上げた試合。これには主役も、応えないわけにはいかなかった。

■久しぶりのグラウンド
 先にグラウンドに立ったのは紅美鈴。途中からセカンドの守りに入り、途端に歓声が上がる。春は名前すら知られていなかった美鈴だが、今ではこんなにも愛されている。これも、あの血の滲むような努力があってこそだ。ただ、今日は目立った活躍は出来なかった。動きが固く守備では併殺を失敗して得点を許し、打撃では無安打。
「久しぶりの出番なので、少し緊張してしまったんです。一応怪我が治ってからもリハビリは欠かさずやっていたんですけど、やっぱり球場の雰囲気は違ってましたね・・・歓声に呑まれてしまって動きが固くなって、点もとられてしまって・・・チームには迷惑をかけてしまいました。でも、グラウンドに立っているうちにそういう緊張とかも取れてきて、普段どおりの動きが出来るようになりました。次の試合からは、もうチームの足を引っ張らないように精一杯頑張ります!」
 八回、礒部の放った打球は力なく、しかし高くバウンドして投手の頭を越え二遊間に転がる。それを捕ったのはタートルズの内野手一の守備範囲を誇る咲夜ではなく美鈴。彼女よりも早くボールに追いついた美鈴は、そこから一塁へ全力投球。微妙なタイミングだったが、判定はアウト。この時の美鈴の動きはシーズン中と同じ、軽快であり堅実な守備。いつも通りの美鈴だった。

■真ん中の苦手意識
 美鈴がグラウンドに立った、その裏の回。先頭打者として打席に立ったのはフランドール。美鈴の時と同じく、球場に詰め掛けたファンが一斉に歓声を上げる。その期待にフランドールは一球で応えた。投手、牧野の甘く入ったフォークをフルスイング。打球は高く高く夜空へ舞い上がり、右中間スタンドに飛び込んだ。これはダメ押しのソロホームランであると同時に、フランドールの完全復活を証明する一発だった。何故なら牧野が投じたフォークはストライクゾーンど真ん中。他のスラッガーなら迷わず振り切るコースだが、フランドールは別。彼女はど真ん中のボールが大の苦手なのだ。シーズンでも真ん中を執拗に攻められ、凡退するケースが多々。他の選手が楽に打つコースを、自分が何故打てない――そう、フランドールは嘆いていた。
「前ね、お姉さまがすっごく難しいコースを空振りして落ち込んでたの。どうして? って聞いてみたらね、ど真ん中を空振りしてしまう自分が情けないって言ってた。その時初めて、真ん中のボールは簡単なボールって知ったんだ。でも、私は真ん中のボールが打てないの。パチュリーや小悪魔に頼んでど真ん中のボールを打つ練習も沢山してたんだけどね・・・全然打てなくて。イライラするし、悔しかった。けどね! この間長い長い夢に魔理沙が出てきてね! 私にたっくさんホームランを打たせてくれたの! その時に真ん中を打つコツも教えてくれた! 魔理沙にはね、すっごく感謝してるんだ!」
 夢の中の活躍は、フランドールにとって良いイメージトレーニングとなったようだ。イメージは重要であり厄介な物で、一度苦手意識を持ってしまえばずっと引き摺ってしまい、全く打てなくなってしまったりもする。フランドールは姉との会話でど真ん中に対して苦手意識を持ってしまっており、執拗に力んで打ってしまう傾向が合った。が、それを夢の中でとはいえ払拭できた事は大きい。夢をイメージトレーニングとするならば、フランドールの夢は最上のイメージトレーニングだったことだろう。

 今まで欠けていたタートルズの最後のピース。完成したパズルには、何が描かれているのだろうか。

(尚、選手顔写真は兎虎が何者かに壊された為無掲載です。ご了承下さい)

あとがき
この二人を書かずして誰を書くっ!
美鈴が始めてグラウンドにたった際、僕は両手でガッツポーズを作ってた。
あと、牧野はもう亀戦には使わない方がいいと思うんだ・・・

亀の歩 第十四回 『活躍を夢見た月兎』

 鈴仙のシーズンは終わった。シーズンで活躍できなかった分をCS第三戦の先制タイムリーで取り返したものの、時既に遅し。試合後選手の入れ替えの為に登録抹消。やはり自身の非力さが最後まで足を引っ張った。鈴仙もこれを自覚し、打撃練習に精力的に取り組んではいたものの、一軍メンバーの能力は常にその上を走っている。とてもではないが、追いつけなかった。

■野心と協力

 もしかしたら、鈴仙はこうなることを予想していたのかもしれない。鈴仙は研究熱心だということは以前書いた通りだが、当初はそれを進んで他人と共有しようとしなかった。むしろそれを自分だけの物にしようとしていた。そうすれば自分だけ効率の良い練習ができる。自分だけが上手くなれば、当然一軍に上がるチャンスも増える。そういった野心が鈴仙の中にあったのかもしれない。それを他人と共有しだしたのは交流戦が始まった頃。当時二軍で燻っていた美鈴や妖夢らにより効率の良い練習方法を教え始めた。指摘するポイントはどれも的確で、教えを受けた選手は皆忽ち上達した。このとき既に、鈴仙は自分の能力の限界を感じていたのではないか? 自分はもうこれ以上の上達は見込めない。ならば他の、成長の見込みがある選手のために尽くそう。皆を鍛える事が、今私が出来るチームへの貢献だ――そう考えていたのかもしれない。

■落胆と恩返し

 監督から二軍落ちを告げられた直後、鈴仙は特に気落ちした様子も無く医務室で働いていた。しかし二軍に落ちて平気な選手などいる訳がない。私達が鈴仙に話を聞こうと永遠亭を訪れた時、出迎えたのはてゐだった。本来こういった役目は鈴仙が行なう。それをせずにてゐがその役目を負っているということは、やはり相当落ち込んでいるらしい。

「鈴仙ちゃんね、帰って来たと思ったら何も言わずに部屋に篭っちゃって・・・いつものようにからかってやろうって思ったんだけど・・・部屋からすすり泣く声が聞こえたら、そんな気も失せちゃって・・・」

 そう話すてゐも本当に辛そうで、これ以上話を聞くことが躊躇われた私は取材を切り上げた。これからどうなったのか、私は知らない。ただその翌日から、竹林ドームにて美鈴のリハビリを手伝う鈴仙の姿があった。

「昨夜は色々考えていた。今まで自分がやっていた事はなんだったんだろうって。一生懸命練習してタイムリーも打てたのに、すぐに落とされるなんてね・・・どうでもよくなった。でも、てゐが励ましてくれてね・・・それで思ったんだ。試合に出られないのなら、出られる選手の手伝いをしようってね」

 この日の鈴仙は吹っ切れた感じだった。登録を抹消されても自分にできる事をする。それが今まで自分を育ててくれたチームへの、最後の恩返しであると信じて。

(尚、選手顔写真は兎虎が空気を読まずに永遠亭への突入を慣行してイナバに返り討ちにあった為無掲載です。ご了承下さい)

あとがき
某チャットの罰ゲームにより書いた回。依頼主はそらみん(大妖精、てゐ、鈴仙担当絵師様)。
試合に出ていない選手を書くのは初めてだったので、暗中模索しながら書いた。想像100%で書くのも楽しいもんだ。
あと、この回にあわせたSSも書いてたけど、出来が酷かったからお蔵入りに。見直すと、すごく文章量少ないな・・・

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 寝たいときには寝ちまおう All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。