スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛙亀の歩 第十四回 フロッグスサイド 『準優勝』

 天子とさとりを温存し、必勝体勢で最終決戦に臨んだフロッグス。先発の天子は三回に突然崩れて二点を失ったが、それでも不安視された中継ぎ陣はしっかり踏ん張り追加点を与えない。あとは打線の援護を待つだけだった。
 だが、鉄壁のタートルズ投手陣に対して、二点のリードは大きすぎた。散発六安打。連打も無く、得点圏に走者を進められたのは一度しかなかった。それさえもモノにすることが出来ず、結局完封負け。手も足も出なかった、と言ってしまえるかもしれない。
 それでも非常に引き締まった試合展開だった。フロッグスも幾度と無くピンチを迎えたが決して点を与えない。これこそ、決勝戦。これこそ、最終決戦に相応しい。

■空砲のオンバシラ

 ホームランを打てば同点、打ち損じれば敗北。責任重大の打席に立った神奈子。マウンドにはタートルズの左のエース、魔理沙がいた。
 二人の対決はまさに力と力のぶつかり合い。魔理沙の直球に神奈子も負けじと喰らいつく。あわやファーストゴロかというファールもあった。
 だが、最後はノビのある149キロの直球に空振り三振。ファンの、そして監督の期待に応えることはできなかった。
「今まで、早苗にもチームにもさんざん迷惑をかけてきた。チャンスで何度も打てなかったし、最後だけはどうしても打ちたかった。でも、駄目だったよ。やっぱり魔理沙はいい投手だ。完敗だよ」
 リーグ開催直後はライナー性の打球を飛ばしてファンの心を掴んだ神奈子だったが、終盤になると打てなくなってしまい、打順を下げたり休場した時もあった。捕手と言うポジション柄、身体に疲労が溜まるのは仕方が無いこと。だが、不調の理由をそれにするには神奈子の責任感が許さなかった。
 自分はフロッグスの正捕手であり、主砲。故に、最後まで四番に座っていたかった思いもあっただろう。だが、これは野球。自分だけの意思を貫いてしまってはチームが負ける。だから神奈子は自分を抑え、四番を勇儀に譲った。チームの勝利を優先する為に。
 そしてその選択が、神奈子と魔理沙の対決を実現させた。結果は神奈子の負けだったが、幻想郷リーグで一番の勝負だった。野球の神様の気まぐれに感謝したい。

■優位故の緩み

 決勝リーグ進出を早々に決め、決勝でも初戦で白星を挙げた。常にタートルズよりも優位な立場にいながら、結局最後に踏ん張りきれず押し切られてしまった。
 やはり急造チーム故に経験の差が勝負を分けたか。いくら野球を知り尽くしている神奈子や経験豊富な射命丸、藍がいたとはいえ、主力選手は殆どが今リーグからの参加者だ。個々の能力は申し分なくとも、土壇場での心構えはタートルズに及ばなかった。
 それでも外の世界のチームを打ち負かし、決勝へと駒を進めたのだ。もしこの先、またペナントレーズが行なわれたとしたら――その時は、どうなるかわからない。
「完敗でした。私としても、決勝の舞台で投げたいという想いもありましたし……でも、今回の大会でいろいろなことを学べました。いつかまた、このチームでタートルズと戦いたいです」
 負けはしたものの、早苗の表情は暗くなく、次への期待を抱かせてくれるような明るいものだった。
 早苗の野球に対する想いはまだまだ萎えていない。どころか、逆にどんどん萌え出ているようにも感じられた。幻想郷リーグはこれで終わってしまったが、早苗の、いやフロッグスの選手達の心に野球が残っている限り、彼女達は必ずタートルズとの再戦を望むだろう。
スポンサーサイト

蛙亀の歩 第十四回 タートルズサイド 『二度目の優勝』

 短いようで永かった幻想郷リーグも、とうとう終わった。最後に笑ったのはタートルズだ。決勝は初戦を落とし、もう後が無い状況から二連勝。ペナントを制した貫禄をフロッグスに見せ付けた。
 一度は抑えられ、一度は打ち崩した天子との三度目の対戦。下位からの五連打で二点を奪い取り、天子をマウンドから引き摺り下ろした。しかし得点はこれだけ。七回に一死一、二塁の好機を作るが、代打の萃香が併殺に倒れて得点ならず。
 だが、タートルズが擁する投手陣にはこれだけで十分だった。メルランから永琳、パチュリー、リリカ、アリス、そして魔理沙という豪華リレーでフロッグス打線に付け入る隙を与えさせない。

■ファイナルスパーク

 勝利を目前とした八回。マウンドに登ったアリスは本調子でないのが誰から見ても明らかだった。先頭の橙は特に警戒すべき打者ではなかったにも関わらず四球で歩かせ次の空にはフェンス直撃のツーベースで窮地を迎えてしまう。
 ここでベンチから魔理沙が出てきた。アリスにアドバイスを送るのかと思いきや、そのままマウンドに残り投球練習を始めた。三日前には全パを相手に85球を投げて完封勝利をした左のエースが、満を持して決勝のグラウンドに姿を現した。
「あのままアイツ(アリス)が投げてたら何点取られたかわかったもんじゃないからな。それに、霊夢が昨日投げちまったから、最後を締めるのは私しかいないだろ?」
 疲れが無い訳ではない。それでも魔理沙はいつものように左腕を全力で、しかし制球にも目一杯気を使って振った。直球を高低に散らして椛、射命丸を、雛には一転して緩いカーブで詰まらせて三人を全員セカンドゴロに打ち取った。
 最終回にはエンジン全開。先頭の藍にセンターへはじき返されたが、続く勇儀、衣玖を連続三振で抑える。二死、ここで打席に立ったのはフロッグスの正捕手でありヘッドコーチの八坂神奈子だった。
「あの時は変化球なんか投げるつもりは無かった。直球だけで勝ちたかったんだ」
 魔理沙は直球とツーシームだけで神奈子に向かい合った。まさに力と力のぶつかり合い。魔理沙のツーシームは160キロを記録した。神奈子も負けじと追い込まれても粘る。最後は魔理沙の渾身のストレートで空振り三振。魔理沙の気迫が、神奈子のそれを僅かに上回った。

■野球を楽しんだタートルズ

 優勝は決して楽な道程ではなかった。あわや予選リーグ敗退かという場面もあった。だがそれでも選手は決して諦めることなく最後までボールに喰らいついた。
 タートルズの選手は、中には死ぬ気で勝利を目指している選手もいたが、殆どが楽しく野球をやっていたように見える。チーム全体が、ペナントで出来なかった『楽しい野球』を目指しているようにも思えた。
「ペナントは優勝が最優先だったから、どうしても試合に出られない選手がいたの。今回はそういった選手を出来るだけ少なくしようとした。結果として優勝できたし、全員をグラウンドに出してあげることが出来た。私自身もちょっと酷いピッチングをしちゃったけど、でも、なかなか楽しい大会だったわ」
 厚い層に阻まれてなかなか出場機会を手にすることが出来なかった選手は沢山いた。だが今回はそういった選手たちに配慮して、全員が試合に出られるようになった。さすがに勝敗を左右する難しい場面での出場は無かったが、試合中ベンチにも入れずに試合を観ているよりはずっといい。
 また、もう一つの試みた点がある。それは采配だ。アリスはチーム内の事情があったにしろ、采配を自分ではなく他の選手に任せることがあった。これにより指揮を執った選手の野球観が試合に色濃く反映され、いつもと違った雰囲気で試合を行なうこともできた。
「何試合か、霊夢がいなくて私がブルペンにいなければならなかった試合があったわ。その時は、自分で指揮を執りたい、っていう選手を募ってやらせてみたの。結果はどうであれ、各々がやりたい野球を出来たようだったしね」
 采配面すらも選手に任せ、楽しむ野球を追及したアリスとタートルズ。その上優勝までしてしまったのだから、最早言う事ナシの大会だったに違いない。

蛙亀の歩 第十三回 フロッグスサイド 『投手と打線の明暗』

 リーグ優勝に王手をかけたフロッグス。勝てば優勝決定の今日の試合、初回に勇儀のツーランホームランで景気よく先制したが、七回に先発のパルスィが四球で自らピンチを招いて降板するとそこから中継ぎ陣が崩壊。長短打で五点を奪われ逆転を許すと、次の回にもダメ押しとなる二点を献上。
 やはりフロッグスの弱点は中継ぎだ。現在、抑えは早苗、セットアッパーはこいしで固定されているが、そのこいしにつなぐ投手がいないのが現状。先発だった静葉を中継ぎに配置転換させたりもしたのだが、問題は解決せず。
 その上こいしも出してみないと打たれるか打たれないかが分からない、安定感の無いピッチングが続いている。先発、抑えは磐石なのだから、中継ぎにある程度計算できる投手が一人でもいたらフロッグスはここまで苦労することは無かったのかもしれない。

■無意識投法の弊害

 静葉がアウトカウントを増やすどころか、逆に相手の得点を増やして降板。もう追加点は絶対に許されない場面でリリーフしたこいしだったが、先頭打者フランドールに超特大のセンターフライを打たれて走者を進められる。これに動揺したのかは定かではないが、次打者の萃香への初球、低めに外した筈のナックルカーブは、鬼の馬鹿力で無理矢理ライト前に運ばれた。これで三塁ランナーが悠々と生還し、こいしは追加点を献上してしまった。
「私のナックルは無意識そのもの。ボールの行き先なんてボールにしかわからないの。だから今日のように打たれるときもあるし、昨日のように抑えられるときもあるの」
 昨日のこいしは非の打ちどころの無い投球だった。そのためベンチは危険な場面をこいしで乗り切ろうとしたのだが、結果は裏目に。それどころか次の回でも連打を許し、その後の失点のきっかけも作ってしまった。
 こいしの安定感の無さの要因は二つある。一つが扱う球種。彼女の持ち球、ナックルは変化量も変化方向も予測が不可能。故に結果がどう転ぶかもわからないのだ。
 もう一つの要因はこいしの野球に対する態度。彼女はわりと遊び感覚で野球を行なっているらしい。だからどんな場面でも動ぜずに自分の持ち味を出せるが、緊張感が無く大事な場面で制球が甘くなってしまうのだ。これでは妖精とかわらない。
 ただ、これでもう後が無い。さすがにもう遊び感覚ではやっていられないだろう。次回こそ、本気の投球を見たいものだ。

■豪快打法の目覚め

 悪い話題ばかりではない。吉報は、不調の神奈子に代わって四番を任されている勇儀の調子が上り調子だということ。彼女は今日も三安打で五割五分八厘と高打率を維持。
 中でも初回。制球のいい先発霊夢の数少ない失投を見逃さずにフルスイング。球場全体に爆音を轟かせた打球は看板を直撃。推定飛距離150mのとんでもない本塁打だった。
「やっぱりホームランは気持ちがいいねぇ。しかも看板にブチ当てたから気分も爽快ってもんだ! それに、今日は先発がパルスィだったからね。絶対に打ちたかったんだ」
 勇儀はいつも以上に闘志を燃やしていた。何故なら、前回パルスィが登板した試合で、勇儀は大量点を奪った打線の中ただ一人だけ無安打に終わっていた。同じ地底に住んでいる仲間が頑張っていたのに、この結果は歯痒かった。
 だから今日の試合こそは打ってあげたかった。その想いが、初回のホームランと猛打賞に繋がったのだ。
 これで勝敗は互いに一勝一敗の五分。幻想郷リーグ優勝をかけて、フロッグスは最終戦に全力を尽くすだろう。

蛙亀の歩 第十三回 タートルズサイド 『攻防一体最終陣形』

 タートルズのスターティングオーダーは、オープン戦で見たような一発を狙うものだった。この打線相手に与えるプレッシャーは計り知れないものがあるが、その反面繋がりにかける欠点がある。その例が二回と四回の攻撃だ。共に無死一、二塁の好機を作るも、後続が続かず無得点。
 しかし七回。相手先発パルスィが四球で自らピンチをつくって降板すると、今まで燻っていた打線にようやく火が点いた。レミリアの走者一掃タイムリーツーベースに妖夢、萃香のタイムリーで五点を奪い逆転に成功。
 その後も強力打線で点を奪っていくのかと思いきや、ここで監督代行の魔理沙は思わぬ策に出た。選手の大半を控えの、守備専門の選手と入れ替えたのである。三点のリードを守備固めで守りきるのかと思われた。

■後ろへの意識

 ところがこの守備布陣。一見するとスタメンとはまるきり逆の、あまり打撃を得意としないイメージを髣髴させるが、実際は違った。一発を打つ力が無い為、走者を返せる選手になんとしてでも繋げようとする布陣だったのだ。
 この時点でそのような選手はレミリアと燐くらいしか残っていなかった。ならば、前を打つ選手は二人に必死で繋げようとする。
 その姿勢が現れたのが八回だ。慧音とにとりの連打で無死一、二塁のチャンスを作ると、勝負強い燐のツーベース、そしてレミリアの犠牲フライで二点のダメ押し。守備重視の打線、しかも下位からの攻撃でのダメ押しは相手に大きなダメージだっただろう。
「チャンスの場面は燃えるんだよねぇ。塁上の選手をホームに返すのって、なんだか死体を火焔地獄跡に運ぶみたいでさ。でも、二人も走者がいたのに一人しか返せなかったのがちょっと心残りだね。もうちょっと(打球が)深かったらなぁ……」
 好期の場面を振り返る燐。言っている事は少し違うようにも思えるが、それでも彼女がチャンスに強い頼れる存在であることには変わりない。

■己の役割

 一発重視の打線は繋がりに欠け、守備も拙くなりがちである。その証拠が咲夜の代わりにシュートを守った妹紅だ。一、三塁の守備はそつなくこなすが、遊撃はシーズンでも殆ど守ったことが無い。そのせいか動きも緩慢で、アウトに出来る打球をセーフにさせてしまうことが度々あった。
 他にも、守備に不安のある選手は沢山いるのだ。このままでは守りのミスで何点奪われるかわからない。だから魔理沙はリードすると、すぐさま打撃重視の布陣から守備重視の布陣に切り替えた。これも、タートルズの層の厚さがあるからこそできる技だ。
 今日途中出場しそのまま守備に就いたにとりは語る。
「守備固めの殆どの選手が、自分の仕事は守備固めで確実な勝利をものにすることだ、って思ってるんじゃないかな。少なくとも私はそうだよ。私はタートルズで一番一塁守備が上手いって自負してる。打撃じゃ幽々子や妹紅に劣るけど、守備なら二人に負けたくないからね!」
 元々にとりは幻想郷リーグが開催された当初はフロッグスに移籍していた。だがそこではファーストのレギュラーには勇儀がいた。勇儀がベンチに退く際には捕手の神奈子がそのまま守備についてしまう。実質、一塁の守備固めは要らなかったのだ。
 だからにとりは出場機会を求めて古巣、タートルズに復帰した。ここには、自分の存在を必要としてくれる場所があったから。
 守備重視の布陣でも点をもぎ取る力を持ったタートルズ。これで勝敗は互いに一勝一敗の五分。幻想郷リーグ優勝をかけて、タートルズは最終戦に全力を尽くすだろう。

蛙亀の歩 第十二回 フロッグスサイド 『小さな必殺仕事人』

 いささか荒れ模様となった幻想郷リーグ決勝戦一試合。制したのはフロッグスだ。五回にレミリアのツーベースで二点を先取されるが、七回に突如制球を乱した映姫に代わって登板したルナサから満塁ホームランを含む四安打で六点を奪う。
 この一戦は初戦を白星で飾れただけでなく、相手のセットアッパーを打ち込んだ為相手チーム全体に相当のダメージを与えたことだろう。
 逆転劇の主役は、タートルズから移籍し、主に左の代打として試合に出ているルーミアである。

■代打逆転満塁ホームラン

 通産本塁打数は0本。そんな非力な打者がグランドスラムなど誰が予想していただろうか、いや、予想していなかっただろう。それほど、ルーミアのホームランは意外だったのだ。
 だが、ルーミアは元々タートルズの選手なのでルナサを知っているし、その上研究熱心だ。ルナサがどういう投球スタイルで、どんなボールを投げらのか。それさえわかっていれば、打ち損じない限り凡退することはない。
「ルナサはそんなにスピードのある球は投げられないから、ボールをよく見ていけば何とかなると思ってたら、本当に何とかなっちゃったのだー」
 ルナサは制球力で勝負する投手。故に球速はあまりないので、じっくりボールを見てからでも対応できる。その上ルーミアは狙い球を一つだけに絞り、その他は捨てていた。
「狙っていたのはカーブなのだー。ルナサのカーブはカウントを稼ぐ球だから、私の打席で一球は投げられると思っていたのだー。初球に投げてきたのにはちょっと驚いたけど、迷わずに振り抜けてよかったなー」
 相手バッテリーはカーブを悪手と知らずに漫然と投げ込んでしまった。目の前にフラフラと飛んできた獲物をルーミアは見落とさず喰らい付く。打った瞬間に本塁打だとわかる打球がライトへ飛んでいった。
 これが決勝点となり、代打が中心だったあまり目立っていない選手がチームに白星をもたらした。

■小さな必殺仕事人

 タートルズ時代も主な役割は左の代打要員だったルーミア。だが彼女も雛と同じように出場機会に恵まれず、力も才も発揮できなかった。
 出場機会を求めてフロッグスに移籍したものの、こちらでも外野は射命丸と藍の二人が固定されており、残る一つの枠も打力のある空や強肩のチルノの二人が争っている状態。その上にとりの移籍も重なり、ルーミアは左の代打というポジションを手に入れ、レギュラー争いから遅れをとらざるを得なかった。
 それでもルーミアはそれを自らが未熟だからと受け止め、その上でどうすればいいのかをよく考えている。本日の代打逆転満塁ホームランがその象徴だ。
「スタメンも代打も、やることはただ一つ、結果を残すことなんだと思うのだー。だから私は自分の位置に拘ってないのー。私がやらなくちゃいけないのは、監督から任せられた仕事をしっかりとこなすことなのだー」
 彼女はどんな立場でも自分がやるべき事を見つめ、ただ結果を残すことだけに力を入れている。だから打てなかった時には自己嫌悪に陥る、とルーミアは語る。
「代打で使われるのは、監督やコーチが自分を信用してくれてる証だと思うのー。なのに(代打で)凡退したりしちゃうのは、その信用を裏切ることなのだー。タートルズ時代は裏切ってばかりだったし、こっち(フロッグス)に来てからも全然打ててないしねー。今までの失態がこの満塁ホームランで帳消しにはならないだろうし、これからも一打席一打席に集中して挑むのだー」
 既に犯してしまったミスは取り消せない。ならば、ミスが霞むくらいの活躍をすればいい。その決意を胸に、ルーミアは自らに任せられた『仕事』をこなしてゆく。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 寝たいときには寝ちまおう All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。