FC2ブログ

亀の歩 第二回 『フジヤマの鼓動』

 五打数四安打三本塁打十打点――この日吸血鬼姉妹がベンチスタートのため四番に座った藤原妹紅は大活躍だった。
 初回のチャンスこそ併殺で潰してしまったものの、その後はタイムリー、ツーラン、満塁弾、スリーランと、まさに神がかり的な活躍。
 打率も三割二分を越え、好調を維持している。

 彼女がこんなにも活躍している秘密とは一体なんなのだろうか。
 今回はその秘密を追及した。

■勝負強い打撃 堅実な守備

 オープン戦から、妹紅の成績は目を見張るものがあった。
 打撃ではここ一番での本塁打。守備ではトリプルプレーを達成。
 ここ一番での勝負強さを、攻守共に遺憾なく発揮していた。

 開幕後も、六番ファーストでスタメン出場。開幕戦は敗れたものの、四打数二安打で存在感を示した。
 その後も好調を維持し、今や幽々子や萃香を差し置いて野外デーゲームでの四番を任されている。

 やはり特筆するべきは、打撃。
 この試合が終わった時点で、本塁打は十二本。打点は四十七。いずれもチームで上位の活躍だ。
 しかも、妹紅が決勝打を放った試合も数知れず。
 先述の通り、ここ一番での勝負強さが光る。

 打撃だけではない。守備もそつなくこなす。
 開幕直後は不安を残す内野陣を支えた。三塁、一塁のほかにも遊撃を守ったこともある。
 一塁守備では『神技』と称される背面キャッチを繰り出し、一塁のレギュラーを確固な物とした。

■地道な練習

「妹紅は練習熱心なんだ。試合結果が良くても悪くても、練習を怠ることはしない」

 試合後、(大量の鼻血を噴出しながら)上白沢慧音が語った。

「現に今だって、妹紅は素振りをしている。今日の感覚を忘れないようにしているんだろうな。
 練習を裏切らないことは、妹紅を見れば実証できる。私の寺子屋の生徒にも見習わせたいよ。
 とにかく妹紅は凄いんだ。本当に妹紅ったらさいきょ」

 更に話が続きそうだったので途中で打ち切った。

 彼女の動力源は練習態度にある。
 慧音が言ったように、妹紅は試合後十打点をあげたにも関わらずバットを振り続けていた。
 その姿は全く慢心する事の無い、まるで一軍半の選手のよう。
 常に自分を追い込んで試合に臨んでいるからこそ、試合でも自分の最大の実力を発揮できるのだ。

 快進撃を支える妹紅。だが、彼女の力はこんなものではない。シーズンが佳境に進むにつれ、より素晴らしい活躍をしてくれるだろう。

(尚、選手顔写真は、兎虎が何者かに掘られた為無掲載です。ご了承下さい)

あとがき
実はもこたんを書くかえーきさま(完封勝利)を書くか悩んだ。結局もこたんに。
熱スタの仕様に思いっきり突っ込んだコラムその①
けーね自重して。

亀の歩 第一回  『新星誕生』

 六回三分の一、無失点――回の途中でマウンドを降りたものの、メディスンの投球は十分すぎるほどだ。

 二軍から上がってすぐのマウンド。前回一失点と好投した相性の良い日本ハム相手だからと言う点もあるからか、今日のメディスンは自身に満ちているようにも見えた。

 先発陣の駒不足から上がったマウンド。元々中継ぎだったためかスタミナ面では不安を残すも、コーナーをつく投球と決め球のスラーブを武器に打たせて取るピッチングを展開。
 前回の結果も合わせて、ローテ入りを確実なものとした。

■涙の一軍登録抹消

 前回登板では、七回を一失点で勝ち投手。しかしチーム事情で、一軍登録を抹消された。
 
 私は、直後のメディスン選手に取材を申し込もうとしたことがある。
 だが、私は鬼のような形相でボールを投げ込む彼女の様子を見て、取材を断念した。
 好投の結果が二軍落ちなのだ。無理も無いかもしれない。
 しかも、代わりに上がった霊夢が即大炎上即二軍落ち。メディスンの怒りは留まる事を知らなかった。

 その怒りを全て練習に費やしたのは、評価できることだろう。

 確かに彼女は怒っていた。それでも、怒りを他人にぶつける事は無く、黙々と練習を続けていた。
 勿論その様子を見ていたチームメイトが何も思わない訳が無い。
 にとりがメディスンの道具の整備を、メルランがこっそり投球術について書かれた本を置いていったのを、私は見た。

 メディスンは知っているのだろうか。いろんな選手が、自分のために何かしてくれていたことを。

■彼女は一人ではない

「メディが投げるとね、皆点を取ってやろうって奮起するのよ~」

 この日先発マスクを被ったレティは語る。

「メディの健気な態度からか、ただ単に幼いからかはわからないけど~、とにかく皆頑張っちゃうの~。
 勿論私もね~。だから今日の結果は、よけいに辛くなっちゃうのよ~」

 この日、レティは三打数無安打一三振。普段はのほほんとしている彼女も、今日ばかりは本当に悔しそうだった。
 そういえば、初登板の日、打線はつながりが悪く二得点だったものの十二安打を放った。
 八回には妹紅がソロを放ち、彼女に勝ち投手の権利を齎した。
 降板後もルナサが完璧に、紫が非完璧に無失点に押さえ、無事に白星を手にした。

 昨日は守備だ。メディスンが奪った三振は無い。彼女がとった十九個のアウトは、全て野手がとったものでもある。

 三振を奪えないからこそ、必然的にバックに頼らざるを得ないのだ。
 だからこそ、打線もリズムに乗ることが出来る。守備でも盛り上げる。

 この投球をしている限り、バックがメディスンを支えている限り、彼女はさらに飛躍していくことだろう。

(尚、選手顔写真は、兎虎が突然食中毒を起こした為無掲載です。ご了承下さい)

あとがき
始めてのコラム。文章量も最短。こりゃひどい。
メディの頑張ってる姿を書きたかった。
にとりやメルランが出た理由は、1.当時二軍。2.なんか世話してくれそうだから。それだけ。

その日、世界は――

 修学旅行の楽しい時間は、それがぶち壊した。


「おい、あれなんだ?」
 隣で先生の指示を待っていた友人の声に釣られて、僕は空を見上げた。
 晴れと言うには雲が多く、曇りと言うには青空の広い朝の空に、それはあった。
 あれは、なんだろう?
 飛行機? いや、それはない。近くに空港も無いのに、見えるそれはやけに大きい。
 デザインもそう。飛行機の翼や尾翼も無い。あれは、まるで円柱状のあれは飛行機と言うよりは・・・
「み・・・ミサイルっ!?」
 誰かが叫ぶと、生徒は全員パニックに陥った。先生も同じだ。
 僕もまた、半ば呆然とした面持ちでそれを見つめていた。
 ミサイルはどんどん大きくなっている。つまり、こちら目掛けて落ちている、ということ。
 ああ、これで、人生も終わりか――
 僕の心の冷静な部分はそう告げて、
 いやだ、まだ死にたくない。まだ東方野球も完結していないのに――
 僕の心の大部分は絶叫した。しかし、生と死の瀬戸際で東方野球が頭によぎるとは、僕もなかなか大物だ。
 と、ミサイルは僕らの上空を通過し、僕らのいる田舎の宿舎ではなく、市街地へと一直線に落ちていく。
 そのとき、暴風が僕らを襲い、同時に爆音も響いた。
 それがミサイルが通過した時の音と風だと気づくのに時間はかからなかった。
 暴風で僕らは一人残らずよろめき、爆音で一人残らず耳を塞いだ。
 まるで鼓膜を引きちぎってしまいそうな爆音。これがミサイルの脅威か・・・
 それが収まったとほぼ同時に、ミサイルは市街地に建っている一番大きなビルを、直撃した。
 一瞬、赤い赤い赤い赤い爆発が見えて。
 僕らの視界は、おそらくミサイルが発する白い光に埋め尽くされた。
 誰かが何かを言っても聞こえない。聞こえるのは爆発音。
 誰かが何処かへ動いても見えない。見えるのは白。
 鼓膜も視力も心も命も引きちぎってしまいそうな白が終わるのに、そう時間はかからなかった。
 僕は音も光も終わった時、恐る恐る瞑っていた目を開く。
 市街地は、灰燼と帰していた。生きている生物などいない、死の町。核の猛威。
 僕は何か嘆きの言葉を紡ごうとして、これまで感じたことのない気持ち悪さに襲われた。
 気持ち悪い。立っていられない。胃の中の物を全て逆流させると、嘔吐物は真っ赤に染まっていた。
 マンガや資料でしかみた事の無い、核の脅威・・・それを、身を持って体験した。
 地面に横たわり、僕は視界が暗くなっていくのがわかった。
 同級生は、どうしているだろう? 生きているのだろうか? それとも、皆死に絶えてしまったのだろうか?
 誰かが僕を揺さぶっている。ああ、誰かは生きているんだ。よかった。
 ほっとした僕は、凄まじい眠気に襲われた。
 ここで寝たら死ぬとわかっているけれども、瞼は重く抗いようがない。
 僕は――永遠の闇に取り込まれて――




 たらら~ら~ら~たらら~ら~ら~たらら~ら~ら~たらら~ら~ら~♪


 目覚まし時計の奏でる調子外れなメロディで、目が覚めたんだ。


     ♪


虎兎の今日見た夢でした。夢でよかった。マジで。
昨日の人工衛星だかミサイルだかの誤報で驚いた結果がこれだよ!
自分ね、とりあえずシチュエーションで夢だと気づいてよ・・・もう修学旅行は終わってるんだし、ねぇ?
起きた瞬間、「夢かぁ・・・」といって本気で胸を撫で下ろしたのは内緒。

レス返信~
>GUYSTさん
そうでしたか、それは失礼しました・・・
僕のブログは東方野球ネタが結構含まれたりするので、ちょっとその点はご容赦をば。
こちらからもリンクします。これからよろしくお願いします~。

かいまく~

とうとうかいまく~。
僕が応援する阪神は幸先良いスタートを切ったようで、いや~満足満足。
後半は完璧に抑えられていたのが少々気がかりですが。
いやしかし、バントに堅守、ホームランも打てる関本は最高やで!(誰だお前)
あとは矢野が帰ってきてくれればと思いつつ、そうなれば狩野や岡崎が御役御免になってしまうからなんとも言えない。
あ、もう一人。ひろし帰ってきてえええええええ!

さて、野球の話題はこのくらいにしておいて、レス返し。
ぶっちゃけ緊張。レス返し初めてなのよ~・・・w

>GUYSTさん
こちらこそはじめまして~。自称のんびりせっかち屋コラムニスト虎兎です。読みはご自由に。
コラムニストと名乗っている所以は・・・

こちらの動画を12話まで見た後にttp://bbsee.info/toho_bb/#a323の掲示板を探してみたらわかるかも。 先の長い話になりますがw
おやしらずは・・・未だ抜いたあたりが疼いて力が入りません。パワーは上がるどころか逆に下がったw
相互リンクですか? よろしくお願いします!

>フェンさん
いやあああああああああああ!
グロイのらめえええええええええええええええ!
いたいのらめえええええええええええええええええええええ!
・・・こんなことをやらなくてはならないのか・・・フェンさん、お疲れ様です・・・;;

さてと。近いうちに亀を転載しようかな・・・

抜いちゃった・・・

虎兎「いやあああああああああっ! らめぇえええええええええええっ!」
医者「ダイジョーブダイジョーブチカラヲヌイーテ」
虎兎「らめてええええええええっ! これ以上されたら僕・・・」
医者「ソレッ」
ズボッ
虎兎「ふひゃあああああああああああああああああああああっ!!!」
歯
虎兎「抜かれた・・・抜かれちゃったよぅ・・・僕のおやしらず・・・」




はいごめんなさいっ!!!(土下座
歯医者からの帰りにこんなフレーズを思いついただけです・・・

てなわけでおやしらずを抜いてきました。
歯を抜く、とあってもう全身に力が入ってガッチガッチだったんですが、意外と麻酔も痛くなく、気づいた時には抜かれてた。
なんだ、この程度なのか・・・と思えたのは歯を抜いてから一時間半が経つまで。
ちょうど紅魔郷でフランちゃんと遊んでいたんですが、急に胃が痛くなった。
急いでゲームを終えてベッドに横になると、今度は吐き気に口内出血。
全身が苦しくなって、いっそ吐いてしまえば楽になれるのに、吐けない。
事前に飲んでいた抗生剤が効いてきたのかすぐに苦しみは治まったけれど、未だに胃の不快感は無くならない。
うぁ~、新学期が始まる前に医者行ってよかった~。もし始まってから医者に行ってたらと思うと・・・
あ~よかったよかった。


が、しかし。
歯医者で撮ったレントゲン写真には。
まだ生えていないけれど。
左下に。
殆ど真横を向いているおやしらずが。
存在しているのでした。


え・・・何これ。死亡フラグ?

名古屋寄港

ちょっと思い立って、名古屋に行ってきた。
とらのあな行ってきた。
カードショップも行ってきた。


戦利品その一
その一

プリバ本、さとこい本、阿求本、雛本、東方野球っぽい本、ボンバーな本、そしてトランプに、資金不足で買えなかった文花帖。
いやしかし、こういうショップは怖いね。ついつい財布の紐が緩んでしまう。残金少ないのに。

戦利品その二
その二
BBHのカード。影みたいなのは僕の影。正直、撮影失敗した。見づらい。
今回買ったのは、赤星、鳥谷、桧山、岩田、浅井、矢野、江草、阿部健太、バルディリス、葛城、桜井、そして久保。
BBHでなかなか阪神のカードが出ないからとうとう買っちゃったぜ☆今まで出た阪神のカードなんて能見×2にアッチソンに下柳(ダブり)だったからなぁ・・・
これで一軍登録枠は全員阪神選手ということになりそう。しかし金が無いから当分はBBHできそうにないや・・・

以上の話題とは本当に関係ないけど。
最近おやしらずがはえてきた。
で、それが変な方向にはえてて、口内を噛みまくる。痛い。
なので今日歯医者行ってきます。怖いです。
歯医者なんてここ五年間行ってなかったのに~・・・

もう飽きたウサ in 4/1

ブログ始めて一日しか経ってないけど、なんだか飽きたウサ。
もう書くのがどーでもよくなったから、ブログ辞めるウサ。
いままでどうもありがとうごじますたウサ。

ウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウサウソウサ

こうして書くと『ウサ』がだんだん『サウナ』に見えてくる気がするウサ。
ゲシュタルト崩壊だウサ。



・・・勿論、辞めませんからね?

Powered by FC2 Blog

Copyright © 寝たいときには寝ちまおう All Rights Reserved.