スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆめにっき・ひぐらしなゆめ

 僕が参加している部活は、大会なんてものはなく、かといって皆で集まって遊ぶだけのものでもない。
 集合時間に皆が集まって、皆で練習をして、勝手に帰っていくというものだ。
 部員は僕を入れて十人くらい。皆が適当に参加して適当にさぼってしまうから、全員で何人いるかなんて考えたことも無い。
 今日も僕はいつもどおり部活に参加した。
 部長が命令したように、皆で準備運動をして、皆で声を出し、皆でパソコンの電源をつけ、皆で床に寝ころんだ。
 でも一人だけ、携帯で誰かとぺちゃくちゃ話をしている女がいた。
「おい。お前も寝転がらないか」
 僕は女に注意した。僕は皆とは違う勝手な行動をとるやつは大嫌いなのだ。
「は?」
 突然女は携帯を折りたたみ、ドスのきいた声を出した。
「うるせーんだよテメーは!」
 そして寝転がっている僕を執拗に殴ったり蹴ったりしてきたのだ。
 僕が殴られていても、周りの部員は何もしない。ただ寝転がっているだけだ。
 僕は殴られることには慣れている。痛みを感じても、ああ痛いなあ、とだけ感じるだけだったし、女もすぐに疲れてやめるだろう、と思っていたから何もせずに放っておいた。
 でも女はいつになってもやめない。だんだんとイライラしてきた。殴られることには慣れていても、殴られることによって発生する屈辱感には慣れていないからだ。
 僕は女の足を掴んだ。
「いい加減にしなよ」
 ドアノブを回すように、女の足を軽く捻ってやった。
 ぽきり。
「いいいいいいいいいいいったああああああああああああああああい!」
 女は足を押さえて転げまわった。大げさだなあ。たかが足首が180度回っただけじゃないか。
 なんにせよ、これで僕が蹴られることはなくなった。喚き回る女は無視して、僕らは部活動を続行した。



 部長から部活の終了が告げられた。
 僕は皆からちょっと遅れて部室から出ようとしたけれど、突然部室の出入り口の傍にある押入れから、ゴトリと音がしたのだ。
 この押入れには、包丁だとか、鉈だとか、鋸だとか、そういった凶器になりえそうなものをしまっている。こんなところからどうして音がするんだろう。まるで中に誰かがいるようだ。
 すると、押入れの中からぶつぶついう声がした。
 声の主は、どうやらあの時の女のようだ。
「殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる殺してやる」
 僕は音を立てずに押入れから離れ、部室に置いてあった木刀と右手に、バットを左手に持った。
 もし女が押入れから飛び出してきたら、これで迎え撃つつもりだ。
 心臓が早鐘をうつ。怖い。吐きそうだ。でも、ここで気を抜いたら僕が殺される。殺される前に、殺さないとならない。そうだ。僕は女を殺さなければならない――。


 押入れがそおっと開いた



こんな夢を見た(一部脚色)
なんというひぐらし。

レス返信
>狐影
二つのデッキを用意して一人でプレイしたらいいと思うよ!
スポンサーサイト

虎兎、路上へ逝く

いつのまにか新学期まで一週間を切っていました。
この春休みも早かったなあ。一ヶ月もあったのに僕は一体何をやっていたんだろう。

例大祭に行って。
ダブルスポイラーをプレイして。
車の教習所に通って。
遊戯王で負け続けて。

あれ、十分充実した春休みだったのでは?
春休みにやりたかったアルバイトは結局やらずじまいだったけれど。

さて昨日、仮免許の試験でした。
結果から言ってしまえば、合格。
右折の時にハンドルを切るのが早すぎたり、学科では曖昧な問題を深読みしすぎて時間を無駄にしたりと色々しましたが、まあ受かってよかった。

しかし、これは地獄の始まり……

つい二時間ほど前(3/27 11:00頃)、路上で運転してました。
周りは一般の車がブンブン走ってます。凄く速いし、凄く怖い。
クラッチを操作したらハンドルがふらつき、発進の際には荒すぎてエンスト。
唯一止まり方は上手と褒められましたが、発進はヘタクソと言われ学校に帰って猛練習。
車道はこんなに怖いものなんだ、だからこそ細心の注意を払って運転しなければならないのだと実感しました。

これから三時間後(3/27 16:00頃)にも車に乗ります。
今からですが、とても緊張しています。
早く運転に慣れたいものです。

レス返信
>灯夏
妹はありがとうとか言ってました。
しかし、貴女は部活紹介の写真でなんというポーズをしているんですかw


追記:3/27 22:00

もう車乗りたくねぇ!!!

ゆめにっき・アクセサリーのゆめ

「やあ。君もブレスレットを買いに来たのかい?」
 振り向いたら同年代の女がいた。女はこんな店によく訪れそうな格好をした普通の女子高生みたいだった。
「そうだよ。ちょっと、気が向いたからね」
 手に取っていたブレスレットを棚に戻しながら僕は適当に返事をした。
「へえ。どんなのが好みなの?」
「わからないんだ。わからないから、こうして見ているんだよ」
「へえ。自分が好きなものもわからないんだ?」
「そうさ。僕は気にいったものが好きなんだから」
 僕と女は取り留めの無い話を続けた。
 話をしている間にも、僕は僕の気に入るブレスレットをどんどん探してみた。
 金色のブレスレットは? こんな派手なのは嫌いだ。
 赤色のちょっと古臭いブレスレットは? 気持ち悪い。
 可愛いうさぎさんのイラストが描かれたブレスレットは? 子供っぽい。
 いくつかを見て、同じくらいのいくつかをすぐに却下した。
 お店の初めから終わりまで回った頃だ。
「うん?」
 僕はようやく、気に入ったものを見つけた。一目で、これは僕の為にあるブレスレットだとわかった。
「気に入ったものがあったの?」
 女が興味ありげに僕に訊いてきた。しかし、この女も物好きだ。どうしてこんな僕についてくるんだろう。
「ああ。そうさ」
 僕は気に入ったブレスレットを女に見せた。
 それは腕に巻くタイプのブレスレットだ。プラスチックの紐に幾つか部品が繋がっていて、所々に黒い石みたいなものもある。
 これは磁石だ。腕に巻くとき、ブレスレットに繋がっている磁石をくっつけることで、腕に固定するという寸法だ。
「奇抜ね」
「この辺じゃあまり見ないタイプだからね。そう思われるのも無理はない」
 そう。これはこの辺では絶対に見かけないものだ。だって。
「ね、ねえ、そこ」
 女が恐る恐る棚に向かって指を指した。見ると、細長い蛇が飾られているブレスレットの中から這い出てきた。
 僕はその蛇を追い払わなかった。掴んでお店の外に投げ飛ばす事も、足で踏み潰すこともしなかった。
 蛇はしゅるしゅると僕に向かって這ってきた。
「きゃあああああ」
 女が悲鳴をあげて後退した。
 大声が聞こえなかったかのように、蛇は僕が持っていたブレスレットの端を咥えた。そしてそのまま、僕の腕に巻きつき始めた。
 僕は蛇の行為を止めない。この蛇は僕に絶対に危害を加えないとわかっていたから。
 蛇が動きを止めた。その頃には、蛇とブレスレットが、二つで一つのブレスレットとなっていた。
 僕は手首を一瞥して、いまだに震えている女に向けて言い放った。
「決めた。このブレスレットにするよ」




 そんな夢を見た。(一部脚色)

と言うわけで唐突に始まったゆめにっき。
これは僕が見た夢を日記っぽくアレンジして書いてみよう、という自己満足企画です。
こんな感じでどんどん文を書いて、SSを書くレベルを上げられたらなあ、という企みもあったりなかったり。


さて本題。
高校受験生だった妹が無事、志望校に合格しました。市内ではトップクラスの学校です。灯夏と同じ学校だったりします。
ああ、よかったと同時に、これで本格的に妹に抜かれたなとちょっぴりショックだったり。
でもそんなことより、妹が合格した喜びの方が大きい。おめでとう、妹。

第七回例大祭レポート

例大祭レポートみたいなものを書いてみました。


13日
15:00~22:00
同行者全員(僕、灯夏、孤影、孤影の友人二人の計五人)で狐影の家に萃まって打ち合わせしたり飯食べたり遊んだり。
最近作った遊戯王のレプティレスデッキがなかなか強いことを確認。ナージャ可愛いよナージャ。

22:00~24:00
狐影の親父さんの運転する車で深夜バスの発着場所の駅へ向かう。
ここで偶然高三時のクラスメイトと会う。彼の目的地も勿論例大祭。
お互いの無事を祈って別れたが、後にまた会うこととなる。
というか同じ深夜バスでした。
今回はちょっと奮発して三列独立毛布付きシートを予約。
暖かいし広いし、快適。
足が動かせなかったのが辛かったのですけどね。深夜バスだから仕方ない。

14日
6:10ごろ
東京駅に到着。だいたい予想通り。
すぐに新木場を経由して国際展示場へ向かうこともできたが、ペナルティを考慮してのんびり向かうことに。
この選択が僕らの運命を決定づけた。

7:30ごろ
東2ホールに到着。入った時には既に人が沢山いて、僕らは一番右の列に並ばされました。
ここまできたらもうやることはない。とりあえず朝御飯でも食べよう。
と思っていたら、ドキドキで食欲が無い。小心者め。

9:00ごろ
「ペナルティやるぞー」と運営からのアナウンス。心臓の鼓動がさらに早くなった。
うわ、引っかかったかな。

9:30
ペナルティを恐れドキドキしていた僕ら。
最初に動いた列は……一番右! 僕らの列!
勝った・・・。

9:55
ドキドキが止まらない。
自分の心臓に殺されそうだ。
あばばばば。

10:00
例大祭スタート!
僕は灯夏と狐影の友人との三人で本家に特攻。
東5ホールを競歩で直進。走っては駄目ですし。
そして――。

10:18
ダブルスポイラー東方文花帖ゲット!
流石は先頭集団。殆ど待たずに買えました。
直後、黄昏フロンティアの新作も入手。上海アリス幻樂団に完全に客を喰われて待ち時間無しで入手できました・・・。
その後は東4、5、6ホールを中心にウロウロ。行きたかったサークルさんは殆ど回れました。
が、お昼頃になると急に頭痛が……トイレで何度か顔を洗ったり、携帯食料を食べたりもしてましたが、回復せず。
あんまり酷いので、暫く東2ホールで休んでいました。
疲れが出たのかな。

12:30
ここで一旦解散。孤影達はアキバに乗り出しました。
僕は例大祭に残ってサークルを回ろうかと考えてましたが、頭痛で断念。
東2で買った同人誌を読みつつぼんやりしていました。

15:30~
例大祭終了。さてこれからどうしよう。
東方野球コミュに合流しようとしたけれど、人が多くて発見できず。
しかたなく皆との合流場所である秋葉原へ。アキバならカードショップなりゲーセンなり暇を潰せる施設もあるだろう。
と思っていた時期が僕にも(ry
実際はゲーセンはあってもBBH等僕のできるゲームは無く、カードショップは見当たらないしとらのあな等の同人ショップは人が多くて。
都会コワイ。
六時ごろにゲーマーズを、七時ごろにカードショップをようやく見つけました。
ゲマズではカードスリーブを眺めて時間を潰し、カードショップではBBHのブラゼルを購入。

19:50
秋葉原駅に皆が萃まる。でも一人来ない。
疲れがピーク。しんどい。

20:40
東京駅から新幹線で豊橋へ。
穴子弁当美味しい。

22:00ごろ
豊橋駅に到着。
ここからはJRで孤影の親父さんが迎えに来てくださる駅まで向かいます。
ホームに到着して時刻表を見たら、次の電車は22:56出発だとか。長い。
ホームで休んでいたら、突然「君たちも例大祭行ってきたの?」と見知らぬ兄ちゃんに声をかけられる。
その人も奈良から例大祭に参加されたのだとか。
しかし本人曰く「行き当たりばったりな計画」で例大祭に挑んだ為、帰る手段が無いらしい。
豊橋からJRで名古屋まで行って、そこからは何時間か歩くとか・・・
名前も連絡先も聞かなかったのですが、彼、今頃どうしているのだろう。無事に帰れたのかな。

23:15ごろ
某駅に到着。ここからは孤影の親父さんの車で自宅まで戻ります。

23:50
家に着きました。疲れました。くたくたでした。
もう駄目です。戦利品を眺めるのは明日にしよう。
風呂にも入らず速攻で寝ました。

15日
10:30
起床。寝すぎた・・・

   (完)


大体こんな感じでした。
次回は戦利品の感想を書こうかなと思ってますが、変更の可能性大。

祭を終えて

例大祭に参加してました。すごく疲れました。足と肩が重症です。筋肉痛です。
でも苦労に似合う楽しいイベントでした。目標だった文花帖も合同誌も入手できましたしね。
レポートは近いうちに書きます。今日は疲れで何もできませんでした。

最後にお知らせ。
リンクにリア友のふくながが書いているブログ、四畳半の気まぐれを追加しました。宜しくお願いします。


しかし、僕ってほんっとにシャイだなぁ。治さないと。

自分の運転に酔いしれる(悪い意味で)

とうとう1000hitを達成しました。こんなブログを閲覧してくださった皆様、本当にありがとうございます。

もうすぐ例大祭があり、数週間後にはプロ野球が開幕します。
例大祭は以前から書いている(つもり)ですので今回は割愛して、プロ野球の話を少し。

今年はルーキー達が元気ですねぇ。長野、中田亮、大島、松井、加藤政と新聞を開けば新人の名前を見ないことはありません。
そんな中阪神では二神や藤原、藤川俊といった面々が注目されているようで。
しかし藤川は突然ニ軍に落とされ、二神も当落線上とのこと。
僕は、新人はまずプロで一年間戦える体力をつけるために一年目は二軍で鍛えて欲しい、という考えの持ち主ですので二軍降格には何も言いません。
ただ、真弓監督の同じ選手しか使わない方針は結局変わらないみたいですね。
オープン戦の半ばで、もう阪神のスコアボードには見知った選手がずらり。新しい名前といえば城島だとかマートンだとか、そのくらい。
実績のある選手しか使わないのなら、阪神がドラフトに参加する意味っていったい…うわ凄い悲観的だ。
名前だけじゃなく、実力のある選手も見極めて使ってほしいところです。

今度は僕の話。例大祭が近いのですっかり忘れていましたが、昨日から自動車学校に通い始めました。
初日から生まれて初めて車を運転したのですが……見事に自分の運転に酔いました。
アクセルはちょっと踏んだだけでぐぅんと猛加速、ブレーキもちょっと踏んだだけでぐぐぅと止まり、クラッチを踏むタイミングが遅れようものならすぐエンスト。
ハンドルは回す力加減が全然分からず中央線をはみ出しまくり、挙句の果てには自分の運転の荒さで気持ちが悪くなり、授業終了十分前には車から降りていました。
こんなので免許取れるのかな。運転が上達しても、僕は酔わずに運転ができるのでしょうか。
嗚呼御父様。貴方様の静かに停発車する技術がどれほど優れているのかよく分かりました。御母様。運転下手糞!となじって申し訳ありませんでした。もう僕は車に乗れなくてもいい。足は自転車で十分だ。
そんなことを考えながら、昨日は帰宅しました。

さて、僕が教習所内のコースをすいすいと運転できるようになるのはいつのことやら。
願はくは、四月までには仮免を取得していることです。

不安

前回、文花帖の記事を書いた際にブログのアクセス数が急増してました。
おかげで一気に1000hitが目前に。う~む、なんといったら言いのでしょう。

さて、例大祭まであと一週間となりましたが、ここにきて色々と不安な事が出てきました。
一つ目は先日親不知を抜いたのですが、これが痛くて痛くて。物を噛む際にも激痛がはしって、あまり物が食べられません。
今日もお茶漬けしか食べてません。僕の胃袋はお茶漬けでは満足してくれません。ああお腹空いた。
さすがに来週までには治おると思いますけどね。もし例大祭本番でも痛かったら足を引っ張る言葉だけでは片付けられません。

二つ目は運動不足。三学期に入ってから体育の授業が無くなり、卒業してからは自転車にすら乗らない引き篭もり生活が続いているので、絶対に体力が落ちています。
事実、この間ランニングをしようとしたら、全然息が続かなかったです。全盛期の僕はもう死にました。
これから運動しようにも、最近は天気が悪い。今も雨が降っています。
晴れたらまたランニングをしたいです。減りに減った体力を取り戻したい。

ああ、お腹空いたなぁ。

ダブルスポイラー 東方文花帖

BBHで金本の打率が二割を超えません。
見事に重すぎる置物状態です。
ですのでバージョンを3から5に変えてみたら、タイムリーを打ってくれました。
これで打率が上昇したらいいんですけどね。

さて今日は、早朝に東方の新作が発表されましたね。
その名も『ダブルスポイラー ~ 東方文花帖』。9.5弾の文花帖の続編みたいです。
文花帖はかなり難しかったですし、それの続編ですからね。すごく面白そう。
スクリーンショットで確認できるのは静葉と穣子とにとりと星の四人。となると登場キャラは風、地、星、緋の四作品から?
今回もプリバ三姉妹の出番はなさそうだ。
でも神主の仰る『追加のあれやこれや』が気になります。
上記作品外のキャラの弾幕も収録していたりするのでしょうか?
霊夢とか魔理沙とかならありそうですけど。

今回は例大祭で神主の列に並んでみよう。
前回はあまりの人の列に諦めてしまいましたけど、今回は何があろうと新作を入手したいです。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 寝たいときには寝ちまおう All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。