スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄金週間を前にして

一緒に昼御飯を食べている友人が素うどんに自宅から持ってきた天ぷらや温泉卵を乗せて食べて「うわ俺すげぇ贅沢してる!」とか言ってるのを聞いたり、僕が大学の図書館で調べ物をしたり、PCでレポートとかを書いているとき、『うわ俺すげぇ大学生活してる!』と思うようになりました。
でもまだ満員電車には慣れないです。一日一回のプレス作業に心が折れそうです。

さて四月も後少しとなりました。あっという間です。
一ヶ月もあれば、満員電車はともかく大学生活にある程度なれることは出来ました。
授業も思ったよりは楽。90分もあって大変ですけど、内容にはついていけるし授業と授業の合間は長いし眠ってても怒られないし
その分最近出始めたレポートはけっこう大変。文章はPCで書けるからそんなに疲れることは無いのですけど、調べたことを纏めるのは大変。テーマに沿った事柄を調べるのも大変。
実際今一つレポートを書いています。土中の微生物のはたらきを調べて纏めよ、というものを。
しかし土中の微生物なんてネットで検索しても全然出てこない。wikipediaはあてにできませんし。
なれば図書館で調べるしかないです。紙媒体での調べ物は苦手だ……

さあ話題を変えて。もうすぐGWです。
僕のGWの予定は殆ど白紙。今決まっているのは野球用具を買いに行くことくらい。あとは狐影の家まで遊びに行くかも、くらい。
しかし何をしようGW。自動車学校は休校だし遊ぼうにもお金が無い。
諦めてレポートを書くか。でも連休にレポートと言うのも元来勉強嫌いな僕の心が許さない。
ならば東方三昧な日々を過ごそうか……

ま、なるようになるでしょう。
スポンサーサイト

野球デビュー?

上がり下がりする気温に負けたのか風邪をひきました。今もひいています。
一時は体温が38度まで上がって、これは数日寝込むなと考えていたら次の日には平熱になっていました。
普段の僕ならば治るのに一週間はかかる筈なのに。

さて、とうとう先日、軟式野球部の説明会を聞いてきました。
というか、説明会に行く=入部確定という公式が成り立ちそうな説明会でしたけれど……
どのみち野球系のサークルに入りたかったからいいのですけどね。あ、野球系と言っても硬式野球部は勘弁です。プロに何人も選手を輩出している部ですから。僕なんかが入ったら絶対邪魔ですよw

目標は、第一に楽しめる事。第二に背番号を貰う事。
高校時代の部活はあまり楽しめなかったので、大学では本当に楽しく野球をやれたらいいなと。背番号は、一生に一度くらいは背番号をつけてみたいという憧れです。
……本当は小学校の頃につけていたんですけどね。背番号4のレフトだったり14番の一塁ランナーコーチだったりですけど。

今年の阪神は

時間があるので今日は記事二本連続で書きましょう。

現在阪神は7勝7敗の五分。先発がやばいとか後一本が出ないとかいろいろ言われてますけれど、今日は問題をあげて一つずつ詳しく書いていきましょう。

・マートン
以外にもよく打っています。現在は4割を超えているのだとか。
正直、『マートンは何日一軍にいられるかな』と諦めの気持ちで見ていたんですけど(メンチとかキンケードを見ていたらそう思わざるを得ない)、見事に裏切ってくれました。
心配なのは外野守備とこれからの打席。
あまり中継を見れていないのでセンターの守備はどうなのかはわからないのですけど、オープン戦の頃は酷かったと聞いています。ボロが出なければよいのですけど。
打撃でもそろそろ他のチームもマートンに対する配球が固まりつつある頃かと。ここで駄目になるようならそこまでの助っ人、逆に成績を維持できるのならばもう言う事はありません。

・金本
中継でレフトにボールが飛んだ際鳥谷がかなり深くまでボールを追っている姿が確認できます。
相当肩の状態は悪いみたい。でも試合に出続けるのは、正直どうかと思います。
金本のフルイニング出場はそりゃあ凄いです。でも、チームの成績や他の選手への負担を増やしてまで達成する意味は無い。
今の金本は、『フルイニング出場している』のではなく『フルイニング出場させてもらっている』ように見えます。
チーム、鳥谷、監督。いろんな人が犠牲になって、達成している記録みたいです。

・先発
現在好調なのは上園、下柳、能見くらいですかね。この三人に関しては何も言いたいことはありません。
安藤はとりあえず味方打線が点をとった直後に失点する癖をどうにかしてください。貴方の投球はいつもそれです。先制したらすぐに同点に追いつかれて。三年連続で開幕投手なんですから、その自覚を持ってください。
久保は……去年のこの頃は好投しても味方が点をとってくれないので白星がつかない、と言うことばかりでした。今は援護はあっても好投ができない。結構ヒヤヒヤしながら見ざるをえない。
無事六人目となった小嶋は二回4失点。初回はともかく、二回を三者凡退で切り抜けたのは良かった。でもチーム事情で中継ぎに配置転換。個人的には、もっと様子を見てほしかったです。
代わりの六人目は……フォッサム? あ~、うん、まぁ……抑えたら、何も言いませんよ。

・中継ぎ
久保田がこんなに頼れるなんて初めて知りました(コラ)。いつも出てきては劇場をする印象が強くて。今なら彼に八回を任せても良いのでは。
逆に今までSUの立場だったメッセンジャーはあまりよくない。こっちは競った展開で出てこられると怖いです。
その他では西村が絶好調、渡辺が好調、筒井が不調、江草が絶不調、といった感じ。西村の活躍はとても嬉しい。頑張れ、転ぶな。

・代打陣
とりあえず、チャンスに強い選手が一人でもいてくれたら。この間の無死満塁から三者三振は本当に酷かった。
今の阪神の打線に必要なのは、長距離砲でも俊足選手でもなく、好機に強い打者だと思います。例を挙げれば、日ハムの小谷野みたいな。
阪神の無死満塁は殆ど無得点フラグなのですから、勝負所で何かをしてくれる人が一人でもいてくれれば……(あ、何かといっても併殺は勘弁)

ゆめにっき こわいゆめ

今日はいい天気だ。
風はびゅうびゅう、雨はざあざあ。
とても傘があっては歩けそうにない。
でもぼくはこんな天気が好きなんだ。
今にも雷が鳴って空が落ちてきそうな、こんな天気が好きなんだ。
今日は何かが起こりそうな気がする。
ぼくは外出することにした。
合羽を着込んで風雨への対策はばっちり。
さあ、外へ出よう。
ぼくはドアの鍵をあけて外へ出る。
そうしたら、家の前で真っ黒の服を着た男が立っていた。
瞬間、ぼくの中の危険警報がけたたましく鳴り響いた。
ぼくは急いでドアをしめて鍵をかけようとした。
けれど男の行動のほうが早かった。
向こう側のドアノブを掴んで、ぼくとは比べものにならない強い力でドアを一気にあけたのだ。
そして、ぼくの首根っこを掴み、銀色に輝くナイフみたいなものをぼくに突き付けた。
「大人しくしてろよ」
ぼくは頷くしかなかった。



こんな夢を見た。
虎兎……貴方疲れているのよ。

最高のユーティリティプレーヤー

憎まれっ子世にはばかる、と言うのか。
天道是か非か、とでも言うのか。

どうしてこの世はまだまだ先のある人は早く亡くなり、金や名誉だけを欲しいがままにしている人間は長生きするのだろう。
いなくなるべきは、どう考えても後者なのに。

小瀬外野手、小林繁コーチ、そして今日は、木村拓也コーチまで。
どうして今年は、こんなにも若い人たちがいなくなってしまうんだ。

ご冥福を、お祈りします。

大学スタート

真弓さん「開幕ローテは安藤、上園、下柳、能見、久保、小嶋の順でいこう」
     ↓
真弓さん「雨だー小嶋は一回飛ばそう」
     ↓
真弓さん「うわ安藤燃えた下柳や能見はともかく上園や久保なんかじゃ先発やべえ補強頼む」
     ↓
真弓さん「スタンドリッジ獲得だぜじゃあ今度の木曜日は先発任せた」
     ↓
忘れ去られる小嶋君。

こんな光景を想像させるスタンドリッジ獲得でした。
まだ小嶋が開幕ローテに入っているかは確かではありませんが、でも誰かがローテから脱落するのはほぼ確定ですね。
上園を落としたら僕は怒ります。


さて今日から本格的に大学生活がスタートしました。
初めての電車、地下鉄通学だとか、初めての時間割決めだとかいろいろ初体験があって面白くもあり怖くもあります。
登校時のサークル勧誘の嵐は想像以上に凄かった。ラクロスのチラシなんか5枚程も頂いたのですがw
他には朝の通勤ラッシュだとか、行きの電車で偶然灯夏に会ったりだとか、初日から授業が一ついきなり休校になったとか、帰りに定期券を買おうとしたら一時間半も待たされたとか、まあ色々ありました。
これからの生活がどうなるのか、本当に楽しみです。

因幡之白兎

四月バカをしようと思ったけれど、何にもネタが思いつきませんでした。
自動車で事故をしたとか、大学入学を辞めようとか、夢幻泡影をクリアしたとかその程度のネタしか浮かばず、ブログ終了宣言は昨年やってしまいましたし。
昨年といえば、このブログもいつのまにか設立一周年を迎えていますね。
我ながらよくここまで続けられたものです。自分に拍手。

さて明日は入学式です。とうとう大学生活が始まります。
けれど全然、明日から大学生という気持ちにはなりません。見事に春休みボケです。
一週間で治ればよいのですけど。

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 寝たいときには寝ちまおう All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。