スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の阪神は

時間があるので今日は記事二本連続で書きましょう。

現在阪神は7勝7敗の五分。先発がやばいとか後一本が出ないとかいろいろ言われてますけれど、今日は問題をあげて一つずつ詳しく書いていきましょう。

・マートン
以外にもよく打っています。現在は4割を超えているのだとか。
正直、『マートンは何日一軍にいられるかな』と諦めの気持ちで見ていたんですけど(メンチとかキンケードを見ていたらそう思わざるを得ない)、見事に裏切ってくれました。
心配なのは外野守備とこれからの打席。
あまり中継を見れていないのでセンターの守備はどうなのかはわからないのですけど、オープン戦の頃は酷かったと聞いています。ボロが出なければよいのですけど。
打撃でもそろそろ他のチームもマートンに対する配球が固まりつつある頃かと。ここで駄目になるようならそこまでの助っ人、逆に成績を維持できるのならばもう言う事はありません。

・金本
中継でレフトにボールが飛んだ際鳥谷がかなり深くまでボールを追っている姿が確認できます。
相当肩の状態は悪いみたい。でも試合に出続けるのは、正直どうかと思います。
金本のフルイニング出場はそりゃあ凄いです。でも、チームの成績や他の選手への負担を増やしてまで達成する意味は無い。
今の金本は、『フルイニング出場している』のではなく『フルイニング出場させてもらっている』ように見えます。
チーム、鳥谷、監督。いろんな人が犠牲になって、達成している記録みたいです。

・先発
現在好調なのは上園、下柳、能見くらいですかね。この三人に関しては何も言いたいことはありません。
安藤はとりあえず味方打線が点をとった直後に失点する癖をどうにかしてください。貴方の投球はいつもそれです。先制したらすぐに同点に追いつかれて。三年連続で開幕投手なんですから、その自覚を持ってください。
久保は……去年のこの頃は好投しても味方が点をとってくれないので白星がつかない、と言うことばかりでした。今は援護はあっても好投ができない。結構ヒヤヒヤしながら見ざるをえない。
無事六人目となった小嶋は二回4失点。初回はともかく、二回を三者凡退で切り抜けたのは良かった。でもチーム事情で中継ぎに配置転換。個人的には、もっと様子を見てほしかったです。
代わりの六人目は……フォッサム? あ~、うん、まぁ……抑えたら、何も言いませんよ。

・中継ぎ
久保田がこんなに頼れるなんて初めて知りました(コラ)。いつも出てきては劇場をする印象が強くて。今なら彼に八回を任せても良いのでは。
逆に今までSUの立場だったメッセンジャーはあまりよくない。こっちは競った展開で出てこられると怖いです。
その他では西村が絶好調、渡辺が好調、筒井が不調、江草が絶不調、といった感じ。西村の活躍はとても嬉しい。頑張れ、転ぶな。

・代打陣
とりあえず、チャンスに強い選手が一人でもいてくれたら。この間の無死満塁から三者三振は本当に酷かった。
今の阪神の打線に必要なのは、長距離砲でも俊足選手でもなく、好機に強い打者だと思います。例を挙げれば、日ハムの小谷野みたいな。
阪神の無死満塁は殆ど無得点フラグなのですから、勝負所で何かをしてくれる人が一人でもいてくれれば……(あ、何かといっても併殺は勘弁)
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 寝たいときには寝ちまおう All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。