スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラクエⅤプレイ日記 その1 「僕の名前は」

というわけで始まりました、ドラクエプレイ日記。
僕が先日買ったドラクエⅤについて思ったことや起こった出来事を適当に書いていきます。


ちなみに、僕はドラクエⅤはPS2版は勿論、SFC版もプレイしています。
もうこれが通産何週目になるんだろうってくらいプレイしています。
だからドラクエⅤのノウハウはわかっている・・・つもりです。




さて、スイッチオン。
ゲームをプレイすると、懐かしいお城のテーマと、うろうろしているパパス。他数名。
しばらくすると、赤ちゃんの鳴き声。「無事産まれました!」と、召使いの報告。
パパスはすぐに妻、マーサの部屋へと飛んで行きます。
妻を励まし、早速、子供の名前を考えます。
パパス程の者ですから、さぞかし立派な名前を


パパス「そうだ! トンヌラというのはどうだろう!?」


ぜってーヤダよ。
何ですかその、どこぞの洞窟に出てきそうなモンスターの名前っぽい名前は。
やる気あんのかこらー。


マーサ「まあ、素敵な名前! でも、私も考えていたのです。たこやきというのはどうでしょう?」


お前全然考えてねーだろ。
絶対この人、たこ焼き食べたいなーって考えてたろ。


パパス「うむ! お前がそう思うなら、そうしよう! お前の名は、たこやきだ!」


奥さんが良かったらいいのかよ。
子供のことも考えてあげましょうよ。




・・・という夢をみたのさ!
子供が目が覚めると、そこは船の部屋の中。
子供は自分が王子様で、たこやきとかいうわけのわからない名前を付けられた夢を見ていました。
ああ、自分がたこやきなんて名前じゃなくて良かった。


パパス「起きたか、たこやき」


夢じゃなかった。

そう、子供の名前はたこやき。
この美味しそうな名前の少年が、この先凄まじい人生を辿るなど、このとき誰も想像していませんでした。


次回は未定。時間がある時にのんびり進めます。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 寝たいときには寝ちまおう All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。