スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亀の歩 第十三回 『気配り兎』

 四番フランドールと正二塁手美鈴を欠いたタートルズ。攻守の要がいない状態で苦戦は必須だと思われていたが、それは杞憂だった。
 第二戦は美鈴に代わって二塁を守った妖夢の初ホームランを含む四本の本塁打を放って七得点。投げてはチームの中で最も成長したメディスンが六回を十安打ながら無失点の粘りの好投。その後も磐石の投手リレーで完封勝利。
 今日の第三戦も十五安打七得点。全員が繋いで得た七点で見事日本シリーズの切符を手にした。
 この試合、フランドールの代役としてレフトを守ったのは小町。四打数三安打一打点とチーム一のアベレージヒッターとしての実力を示す。美鈴の代役として二塁手を守ったのは鈴仙・優曇華院・イナバ。シーズン中はこれといった成績を残せていない選手だった。

■期待と背信

 開幕レギュラーを掴んだ鈴仙。巧みな守備や小技を買われての起用だった。しかし課題の打撃が足を引っ張り、打率は常時一割台。塁に出られなくては得意の盗塁も出来ず、6月には二軍落ち。その後再登録されるもその頃は既に美鈴が台頭。一軍半の選手となっていた鈴仙には、居場所がなかった。
 結局今季の成績は打率1割8分6厘。本塁打は打っておらず、打点は7。期待された盗塁も僅か1個と、チームを裏切る結果になってしまった。CS開幕時も一軍にはなれず、鈴仙のシーズンはこれで終わってしまった。そう思われた。
 その矢先、美鈴らの抹消。思わぬ形で巡ってきたチャンス。それをしっかりと掴んだ。初回に藍、小町が連続ヒットで一三塁の好機。ここで打席が回ってきた。

「シーズン中は何度も期待されてたんだけど、私はそれをことごとく裏切り続けてきた。あんなにも期待されていたのにね。正直、不甲斐なかったわ。次機会があったら絶対活躍しようと思ってたけど・・・その時にはもう美鈴がいた。その時に思ったの。もう私の出る幕は無いんだって。
 でも・・・どんな理由にせよ、私は必要とされたの。だから私はその期待に応えたかった。試合に出られない美鈴の為にも・・・ね」

 初球、中田の外に逃げるスライダーを降り抜く。芯で捕らえた打球はショートの頭上を越える先制タイムリーヒット。チャンスで弱い印象を持ち、自チームよりも相手チームに貢献するバッティングをすると言われているイメージを払拭する一打だった。

■チームに尽くす態度

 鈴仙はシーズンの多くを二軍で過ごした。真面目な彼女は一軍にあがることを目標にして一生懸命練習していたことを私は知っている。永琳の助手も務めている為一日中練習は出来ないが、それでも練習量はチームでも多い。
 そんな野球に対するひたむきな姿勢を他の選手が快く思わないわけが無い。鈴仙を見習いよりいっそう練習に精を出した選手もたくさんいる。妖夢も鈴仙に影響を受けた選手の一人だ。
 一軍で活躍している妖夢だが、とても鈴仙を慕っているようだ。きっかけは自身が幽々子と共に二軍に落ちた事。妖夢は幽々子の付き添いとして自ら二軍落ちしたのだが、彼女の成績も二割半ばと低迷していた。
 主を守るための剣がこの程度の成績では――自問し、己の未熟さを許せず潰れかけた妖夢を救ったのは、鈴仙の優しさとアドバイスだ。

「うどんげさんの練習態度はチームの中でも一番ですよ。量では美鈴さんには及びませんけど、誰よりも研究熱心で、積極的にレギュラーの人たちからアドバイスを貰ってましたよ。
 貰ったアドバイスはすぐに自分のモノにしようと練習してるし、習得したプレーは私達にも教えてくれるんです。たまに・・・間違った理解をしてる時もあるけど・・・でも、そういった周りに気を配れるところはうどんげさんの長所だと思いますよ」

 抹消前の妖夢は打ち急ぎ、ボール球でも振ってしまう傾向があった。初級から打っていく積極性は評価できるものの、選球が甘ければ安打も打ちづらい。鈴仙はそこを指摘した。
 それだけではなく妖夢と一緒に選球の練習もしていた。球を選ぶ事は鈴仙にとっても課題であった為、欠点の同じ二人が練習に協力して取り組めばより効率の良い練習が可能になる。次第に二人の選球眼は良くなっていった。そして妖夢は本塁打を、鈴仙はタイムリーを打った。今までの練習の成果が出た瞬間だった。

 自分だけではなく他人にも気を払える鈴仙。チームにも数少ない気配りのできる選手である彼女は、自分の為にも仲間の為にもその身を削っている。

(尚、選手顔写真は兎虎がラリっている為無掲載です。ご了承下さい)

あとがき
鈴仙っ! 俺だっ! 友達になってくれっ!(嫁? 僕にはリリカがいるから(ry
合同誌にも書いてあったけど、熱スタの仕様で一番被害を被った選手だと思う。
小技や盗塁とかできる選手は、個人的に大好き。リアルでいうと関本とか。盗塁はできないけど。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 寝たいときには寝ちまおう All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。