スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬山寄港

今度は今日の話。

犬山に行ってきました。ちょっとした旅ですね。
犬山に行くのはこれで二度目。前回は昨年のテスト期間中に紅葉真っ盛りの秋に行ってきました。
今は春。ちょっと桜は散っているかもしれないけれど、この時期のうちに行っておきたかった。これから暑くなるし・・・
で、今回はそのレポートです。ちなみに撮影は全て携帯電話のカメラです。
本当はデジタルカメラを持って行くつもりだったのですが、親父に持っていかれました・・・

朝九時半に最寄の駅から犬山遊園駅へ向けて出発。ぴったり一時間半後には犬山に到着してました。
ここからは目的地その①、寂光院へ向けてひたすら歩きます。
すぐ傍の崖下には木曽川。流れは遅く、川幅は広い。う~ん、こんな川を舟でゆったり下ってみたいなぁ。。船頭はこまっちゃんで
あ、木曽川の写真撮るの忘れた・・・

眼下の木曽川を眺めつつ、歩くこと約十分。
寂光院
寂光院に到着!
この看板から、今度は山の中に入ります。うぐいすの鳴き声がとてもきれいです。ホーホケキョ。
木漏れ日の中坂道や石段をず~っと登っていきます。
石段
石段の風景。秋はこれが真っ赤でした。
この写真の石段を最後まで登ると・・・本殿が・・・
本・・・殿?
建て直し中っ!? ま、しょうがないか・・・
ヤモリ君
このあたりにあった巣に隠れてたヤモリ君。可愛かったから撮ってみた。ヤモリ可愛いよヤモリw
さてさて本番はこれから。僕の目的はこの寂光院に通じている『自然の散歩道』という山道を延々と歩く事。
秋の時にも見つけていたのですが、当時は天候が悪くて途中で引き返してしまったので・・・
看板①
ここが出発点。ひとまず目指すは三角点。
いや、山登りはすごく体力を使う。木で組まれた階段、急な坂道、石の露出した道・・・春休み中ずっと引き篭もっていた体力じゃあ辛かった。
看板②
歩く事約二十分。継鹿尾山(登っていた山)の山頂に到着しました。
標高270mといえど、やっぱり山は山。風は涼しいし眺めは素晴らしい。
風景① 風景②
これが山頂からの風景。犬山の町や観覧車がよく観えます。
さてさて時間もよい頃。ここらでレッツ昼食タ~イム♪
おむすび
今日の昼食:おむすび(自作)
作り方(BGM:三分クッキング)
①ご飯をラップに乗せます。
②適当に塩とかふりかけとかかけます。
③握ります。
④完成。
・・・僕の作る弁当なんてこんなもんじゃー!
一番右のおむすびが欠けているのは、僕が一口食べた後に写真を撮ったからです。
中身は右から塩、のりたま、のりたま。ちゃんと『中』に入れてあるから中身で間違いないよね?
さて、ここからはまた山道を歩きます。
看板③
とりあえずは看板に沿って歩きましょう。
このあたりからだんだん足が棒になってきました。疲れたけど、まだまだ歩こうそうしましょう。
だんだんと傾斜がゆるくなっていたりする場所もあり、だんだん楽になってきた。

約三十分後・・・
大洞池 大洞池② 大洞池③
池だ! 池が見えたぞ!
どうやらこの池、大洞池(おおぼらいけ)という池だそうで。緑色の水面がとても綺麗。つりをしていらっしゃる方もいました。
個人的には、こういう池に河童がいるんだと思う。いたらいいな、河童。
その大洞池を後にして、また十分くらい歩くと。
竹林
雑木林が竹林に変わりました。同時に地面も土からアスファルトに。ちょっと拍子抜け。
でまたちょっと歩くと・・・
・・・家?
俺は山の中を歩いていたつもりがいつの間にか住宅地に(ry
うわぁ、いつのまにか山一つ越えちゃってるよ。ところがここまでかかった時間、約一時間半。それほど長くは歩いてないんだな・・・
ここからはずっと住宅地。普通に車も通っていたり、自動販売機とかもあった。カラオケ屋から響くおじさんの演歌が凄かったw
そんなアスファルト道を歩いていけば・・・
善師野駅
看板に書いてあった善師野駅にとうっちゃく! ・・・疲れた。
本当はもっと道は続いていたのですが、疲れと眠気に宿題があるのでここで電車に乗って帰っちゃいました。
あ~、眠い。でも充実した旅でした。

レス返信也。
>GUYSTさん
ウチの高校は勧誘だろうが文化祭だろうがなんだろうがアニメや漫画は多いですw
去年の体育大会の応援合戦ではアニメのダンスを踊っていたりとか・・・
これで本当に進学校なのかと問い詰めたいですわw
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 寝たいときには寝ちまおう All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。