スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛙亀の歩 第八回 『不敗神話の崩壊』

 フロッグスからトレードで燐外野手、にとり内野手の二名を獲得したタートルズ。燐は射命丸の移籍によって弱体化したセンターの補強に、にとりは左の代打要員と一塁の守備要員として期待されてのトレードだった。
 両選手はいきなり大暴れ。にとりは八回に代打で出場、追い込まれながらもボールを見極めきっちりとセンター前に弾き返し、燐は守ってはダイビングキャッチ、打っては追撃のスリーランと攻守に渡って大活躍。
 だが、打線は全セ先発の上原の前に沈黙。逆にタートルズ先発のメディスンは二本の本塁打を打たれて5失点。この先発投手の差が、そのまま結果に結びついた。

■完敗

 谷間の先発投手ながらシーズン、CS、日本シリーズを通して一度も黒星を記録していなかったメディスンが全セの主軸に完璧に呑まれ初めて負けた。
 完全な力負けだった。新井に許した二本のホームランはいずれも低めの難しい球。失投でもなんでもない。それでも新井は苦も無くスタンドへと運んだ。
「輝夜はコントロールミスじゃないって言ってくれたけど、私はそうじゃないと思う。新井に二本目のホームランを打たれた時、どこに投げても打たれるような気がしたんだ。私、投げる前から負けてた。私が弱かったから、チームも負けちゃったんだ・・・」
 敗戦の責任を一人で背負い込むメディスン。ただ、絶対に負けない投手などいる筈がない。この負けも、メディスンが成長する糧となるだろう。

■覚めた援護

 以前、『メディスンが先発すると打線が活発になる』と書いた。タートルズ打線はメディスンを援護しようと早いカウントから積極的に打っていった。だが、積極的すぎる打撃はヒットを打てなければ助ける対象は相手投手になってしまう。
 相手先発上原の投球数は72球。たったこれだけで八回三分の二を投げさせてしまった。理由は上原のストライク先行の投球と、焦って早打ちを繰り返してしまったからだ。
 上原相手への早打ちは決して悪い作戦ではない。常にストライクゾーンに投げ込んでくるのだし、追い込まれてしまえば霊夢並のフォークが待っている。ならば追い込まれる前に打つことが定石だが、今回の上原はそれさえも許してくれなかった。ノビのある直球とフォークでタートルズ打線を打たせて取り、ヒットを打たれてもゲッツーで効果的にアウトを稼いでいった。
「これは打てる、と思ってバットを振ったのに、打球は何故かヒットゾーンに飛んで行かなかった。なんというか・・・打てそうで打ち損じてしまうボールだったんだ。それに、メディスンのために打ってあげたい焦りもあった。だから私たちは早打ちを繰り返し、ミスもしてしまったんだ・・・」
五回。妹紅の打球はフラフラと三塁線に上がった。どう見てもファールフライになるような当たりだったが、三塁手の新井が捕球した時、一塁ランナーのフランドールは既に二塁近くまで走ってしまっていた。そこから一塁まで戻れるわけもなく、信じられない形の併殺。タートルズが五回までに記録した併殺は三つ。完璧に上原の手の上で踊らされてしまった。
 決勝トーナメント進出を前に足踏みしてしまったタートルズ。次のフロッグス戦に勝って、決勝進出を決めたいところだ。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 寝たいときには寝ちまおう All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。