スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

阪神 藤田⇔西武 水田

阪神の藤田投手と西武の水田内野手がトレードされました。
前々から太陽が西武とトレードだという話は聞いていたのですが、最近はあまり聞いていなかったのでお流れになったのかと思いましたが、忘れた頃にやってきましたw

太陽は中継ぎ右腕で力のあるボールを投げるのですが、如何せん阪神の中継ぎは磐石。一軍には渡辺亮、アッチソン、阿部健太らが定着し、二軍にもまだまだいい投手がゴロゴロしてます。
そんな中で30も近い太陽はもう阪神では活躍できなかったかもです。西武は中継ぎが手薄らしいので、新天地で頑張って欲しいです。

問題は阪神が獲得した選手。
水田選手は内野の名手、特に遊撃や三塁の守備には定評があり、しかし打撃は不得意だと聞きました。貴重な右の選手ですが、代打で使うにはちょっと不安(間違っていたらすみません)。
チーム事情的に見ると、阪神の控え遊撃、三塁はあまりいないし、逆に一、二塁の控えには葛城、藤本、平野達がいますし一見するとよいトレードに見えます。
しかし、よく考えると、阪神の遊撃は鳥谷。三塁は新井です。二人とも全試合フルイニング出場を目指しているのです。
今期だって僕はこの二人が途中で引っ込んだのをあまり見たことがありません。だというのに、左側の内野のスペシャリストを取って何か意味があるのでしょうか?
あるとしたら、ブラゼルを引っ込めて新井を一塁に、そして三塁に水田かな?もしくは一塁に関本、二塁に水田か。大和の立場がなくなりそう・・・
もっとも、真弓さんに新井や鳥谷を外す決断ができれば状況は変わると思いますけど。それができれば水田だけじゃなく他の若手選手にもレギュラー奪取のチャンス、もしくは新井達の奮起にも繋がると思うし、できなければ水田達は二軍で飼い殺されてしまいそうです・・・


やきゅつくの話

前回ここで書いたときよりコストが増え、僕自身のチームも首位を奪うことができたので、満を持して藤井と金子を投入。さらにランパで引いた永井と越智も登録。これで先発投手は永井、金子、小野、藤井、コバロリの重コスト軍団に。蓋を開けてみれば、藤井は六連勝、コバロリは神、小野は防御率は悪いけれど援護に恵まれ負けが少ない。しかし永井と金子は最悪。金子に至っては白星すら上げられない。こりゃダメだと思い二人を二軍へ送還。代わりに大場と東野を昇格。
打線は復活した川島慶三をトップに、二番から五番までを阪神勢で固め、調子が落ちたスン様と一輝を控えにして石井義人と濱中(レア)を投入。打線のつながりがほぼ全員赤という凄い打順になってしまったw
その結果、昨日(最終日)の九時の時点で首位と1.5G差の三位。というか、11位まで勝率が五割ってどれだけ接線なリーグなんだよとw
残り二つの試合を勝てば優勝の可能性はある。先発は我が軍の左右のエース藤井とコバロリ。さらに試合カードを使って必勝体勢で試合に臨む。

そして本日、ドキドキしながらやきゅつくを起動。すると――。


優勝したぜぃ!!!

コバロリが最多勝とMVPも獲得。あんたは神や。
優勝ボーナスとして獲得した選手は今江。三塁A、そしてバランスの取れた能力が魅力的だったけど、スキルの形がレギュラー選手と違うので起用できそうにない罠。

よっしゃあ、と浮かれるのも束の間。これでメジャー昇格が決まりました。おそらく課金プレーヤーがごろごろしているのでしょうね。そんなプレーヤー達を無課金で倒すのが目標。死に物狂いでやっていこう!
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 寝たいときには寝ちまおう All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。