スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛙亀の歩 第十二回 タートルズサイド 『変則オーダー』

 タートルズのスターディングオーダーを観て驚かなかったファンはいないだろう。私もそうだ。
 レミリアとフランドールの打順を一つ繰り上げ、四番には右投手にめっぽう強い小町を、そして五番には投手の映姫を起用するというなんとも大胆なオーダーだった。
 それにしても、何故このようなスタメンに決めたのだろうか? 実はこの試合、投手コーチの霊夢が風邪が治りきっていないらしく欠場した。その為監督のアリスがブルペンを、采配は魔理沙でも輝夜でもなく、幽々子が担当したという。
 その為、このようなオーダーが生まれた。一見滅茶苦茶に見えるが、よく考えるととても理に適っている。

■二番レミリア、九番美鈴

 今回のオーダーの特徴の一つが、二番にレミリアを起用した点。普通二番打者には小技を駆使して走者を進めるイメージがあるだろう。だがレミリアがバントや進塁打を打つなど想像できないし、そもそもありえないだろう。
 レミリアを二番に、そしてフランを三番に繰り上げた理由は、二人により多くの打順を与える為。前を打つ打者が少ない分一度に大量点は望めなくなるが、たった一人で一点を奪える紅魔姉妹が上位にいるのは相手にとって脅威となる。
 この打順に注目すべきもう一つの点は、九番に美鈴を置いた事。どちらかといえばチャンスメーカータイプの彼女を九番に置けば、トップにかえってからの打線の繋がりも大いに期待できる。
 それだけではない。美鈴の次には咲夜、吸血鬼姉妹が並ぶ。これはタートルズ打線の象徴、通称『紅打順』の完全形態だ。
 故に、咲夜の負傷退場は残念だ。紅打順は恐ろしさを発揮する前に解体せざるを得なかったのだから。

■深まる八番妖夢の謎

 なぜ幽々子はこのような打順に決めたのだろうか。
「仲の良さそうな人たちを並べて繋がりを重視しただけよ~。あ、あとちょっと面白いように並び替えたりもしたわ。二番レミリア、五番に閻魔様(映姫)とか、誰も見たことも考えたこともないような打順をね~」
 と語る幽々子だが、もう一戦も落とせない状況でそのようなことを試している暇があるのだろうか。この言葉だけでは、ただ自分が面白そうだからやってみた、という自分勝手な印象を抱かざるを得ない。
 もしかしたら、幽々子の狙いは別の位置にあったのかもしれない。私が怪しいと睨んでいるのは八番に入った妖夢だ。スタメンの中で彼女だけ近くに『仲の良い人』が存在せず、しかも九回にはペナントで一塁守備に幽々子がついている場合のみしか守らなかった二塁を守った。
 代打で途中出場した燐を中堅で使いたいのであれば妖夢を下げてにとりを一塁に起用する手があったのに、そうしなかった。やはり幽々子は、妖夢に何かを掴んでほしかったのではないだろうか。
 だが、その点について幽々子に問うてみた所、「そういえばお腹が空いたわね~」とのコメントを頂いた。やはり何か裏に隠しているものがあるらしいが、どうやら私達に話すつもりはないらしい。
 この一戦で、幽々子が問題視していた『何か』が解決している事を願いたい。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 寝たいときには寝ちまおう All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。