スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛙亀の歩 第十二回 フロッグスサイド 『小さな必殺仕事人』

 いささか荒れ模様となった幻想郷リーグ決勝戦一試合。制したのはフロッグスだ。五回にレミリアのツーベースで二点を先取されるが、七回に突如制球を乱した映姫に代わって登板したルナサから満塁ホームランを含む四安打で六点を奪う。
 この一戦は初戦を白星で飾れただけでなく、相手のセットアッパーを打ち込んだ為相手チーム全体に相当のダメージを与えたことだろう。
 逆転劇の主役は、タートルズから移籍し、主に左の代打として試合に出ているルーミアである。

■代打逆転満塁ホームラン

 通産本塁打数は0本。そんな非力な打者がグランドスラムなど誰が予想していただろうか、いや、予想していなかっただろう。それほど、ルーミアのホームランは意外だったのだ。
 だが、ルーミアは元々タートルズの選手なのでルナサを知っているし、その上研究熱心だ。ルナサがどういう投球スタイルで、どんなボールを投げらのか。それさえわかっていれば、打ち損じない限り凡退することはない。
「ルナサはそんなにスピードのある球は投げられないから、ボールをよく見ていけば何とかなると思ってたら、本当に何とかなっちゃったのだー」
 ルナサは制球力で勝負する投手。故に球速はあまりないので、じっくりボールを見てからでも対応できる。その上ルーミアは狙い球を一つだけに絞り、その他は捨てていた。
「狙っていたのはカーブなのだー。ルナサのカーブはカウントを稼ぐ球だから、私の打席で一球は投げられると思っていたのだー。初球に投げてきたのにはちょっと驚いたけど、迷わずに振り抜けてよかったなー」
 相手バッテリーはカーブを悪手と知らずに漫然と投げ込んでしまった。目の前にフラフラと飛んできた獲物をルーミアは見落とさず喰らい付く。打った瞬間に本塁打だとわかる打球がライトへ飛んでいった。
 これが決勝点となり、代打が中心だったあまり目立っていない選手がチームに白星をもたらした。

■小さな必殺仕事人

 タートルズ時代も主な役割は左の代打要員だったルーミア。だが彼女も雛と同じように出場機会に恵まれず、力も才も発揮できなかった。
 出場機会を求めてフロッグスに移籍したものの、こちらでも外野は射命丸と藍の二人が固定されており、残る一つの枠も打力のある空や強肩のチルノの二人が争っている状態。その上にとりの移籍も重なり、ルーミアは左の代打というポジションを手に入れ、レギュラー争いから遅れをとらざるを得なかった。
 それでもルーミアはそれを自らが未熟だからと受け止め、その上でどうすればいいのかをよく考えている。本日の代打逆転満塁ホームランがその象徴だ。
「スタメンも代打も、やることはただ一つ、結果を残すことなんだと思うのだー。だから私は自分の位置に拘ってないのー。私がやらなくちゃいけないのは、監督から任せられた仕事をしっかりとこなすことなのだー」
 彼女はどんな立場でも自分がやるべき事を見つめ、ただ結果を残すことだけに力を入れている。だから打てなかった時には自己嫌悪に陥る、とルーミアは語る。
「代打で使われるのは、監督やコーチが自分を信用してくれてる証だと思うのー。なのに(代打で)凡退したりしちゃうのは、その信用を裏切ることなのだー。タートルズ時代は裏切ってばかりだったし、こっち(フロッグス)に来てからも全然打ててないしねー。今までの失態がこの満塁ホームランで帳消しにはならないだろうし、これからも一打席一打席に集中して挑むのだー」
 既に犯してしまったミスは取り消せない。ならば、ミスが霞むくらいの活躍をすればいい。その決意を胸に、ルーミアは自らに任せられた『仕事』をこなしてゆく。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 寝たいときには寝ちまおう All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。