スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛙亀の歩 第十三回 フロッグスサイド 『投手と打線の明暗』

 リーグ優勝に王手をかけたフロッグス。勝てば優勝決定の今日の試合、初回に勇儀のツーランホームランで景気よく先制したが、七回に先発のパルスィが四球で自らピンチを招いて降板するとそこから中継ぎ陣が崩壊。長短打で五点を奪われ逆転を許すと、次の回にもダメ押しとなる二点を献上。
 やはりフロッグスの弱点は中継ぎだ。現在、抑えは早苗、セットアッパーはこいしで固定されているが、そのこいしにつなぐ投手がいないのが現状。先発だった静葉を中継ぎに配置転換させたりもしたのだが、問題は解決せず。
 その上こいしも出してみないと打たれるか打たれないかが分からない、安定感の無いピッチングが続いている。先発、抑えは磐石なのだから、中継ぎにある程度計算できる投手が一人でもいたらフロッグスはここまで苦労することは無かったのかもしれない。

■無意識投法の弊害

 静葉がアウトカウントを増やすどころか、逆に相手の得点を増やして降板。もう追加点は絶対に許されない場面でリリーフしたこいしだったが、先頭打者フランドールに超特大のセンターフライを打たれて走者を進められる。これに動揺したのかは定かではないが、次打者の萃香への初球、低めに外した筈のナックルカーブは、鬼の馬鹿力で無理矢理ライト前に運ばれた。これで三塁ランナーが悠々と生還し、こいしは追加点を献上してしまった。
「私のナックルは無意識そのもの。ボールの行き先なんてボールにしかわからないの。だから今日のように打たれるときもあるし、昨日のように抑えられるときもあるの」
 昨日のこいしは非の打ちどころの無い投球だった。そのためベンチは危険な場面をこいしで乗り切ろうとしたのだが、結果は裏目に。それどころか次の回でも連打を許し、その後の失点のきっかけも作ってしまった。
 こいしの安定感の無さの要因は二つある。一つが扱う球種。彼女の持ち球、ナックルは変化量も変化方向も予測が不可能。故に結果がどう転ぶかもわからないのだ。
 もう一つの要因はこいしの野球に対する態度。彼女はわりと遊び感覚で野球を行なっているらしい。だからどんな場面でも動ぜずに自分の持ち味を出せるが、緊張感が無く大事な場面で制球が甘くなってしまうのだ。これでは妖精とかわらない。
 ただ、これでもう後が無い。さすがにもう遊び感覚ではやっていられないだろう。次回こそ、本気の投球を見たいものだ。

■豪快打法の目覚め

 悪い話題ばかりではない。吉報は、不調の神奈子に代わって四番を任されている勇儀の調子が上り調子だということ。彼女は今日も三安打で五割五分八厘と高打率を維持。
 中でも初回。制球のいい先発霊夢の数少ない失投を見逃さずにフルスイング。球場全体に爆音を轟かせた打球は看板を直撃。推定飛距離150mのとんでもない本塁打だった。
「やっぱりホームランは気持ちがいいねぇ。しかも看板にブチ当てたから気分も爽快ってもんだ! それに、今日は先発がパルスィだったからね。絶対に打ちたかったんだ」
 勇儀はいつも以上に闘志を燃やしていた。何故なら、前回パルスィが登板した試合で、勇儀は大量点を奪った打線の中ただ一人だけ無安打に終わっていた。同じ地底に住んでいる仲間が頑張っていたのに、この結果は歯痒かった。
 だから今日の試合こそは打ってあげたかった。その想いが、初回のホームランと猛打賞に繋がったのだ。
 これで勝敗は互いに一勝一敗の五分。幻想郷リーグ優勝をかけて、フロッグスは最終戦に全力を尽くすだろう。
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 寝たいときには寝ちまおう All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。