スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲームの野球

前回のペナントで歴史的投壊を引き起こしてマイナーからルーキーに転落してしまったフォレスツ。
第三ペナントではこれまでの反省を活かし、やはり投手陣を固めつつ打線にも重みを持たせる布陣に。
先発には西口、大竹、岩田を中心に金村暁、土肥、チェンらをくるくる入れ替え、中継ぎは宮西ら凸型投手陣を、抑えには制球面が心配な高橋聡文を起用。
打線は余ったコストを最大限に活用し、坂口、早川、今江、大松、中島俊哉、そして我らが主砲山崎武司らを並べる。スピード&ストロングな打線。勿論采配は『大きいのを狙え』。


そうした結果、ジャーマンは本塁打を40本近く打って本塁打王に輝き、早川、今江、大松、中島も二桁本塁打を打つなどリーグトップの本塁打を、危惧されていた投手陣も前回ほど崩れることは無く、どころかリーグトップの防御率を記録。
こうしてルーキーリーグ優勝に輝き、マイナー復帰が決定。☆6の木佐貫も取得し、さらに投手陣が厚みを増した。

そして迎えた第四ペナント。これまでフォレスツを支えてきた西口、チェン、石井弘寿、今江がいなくなってしまう。というかサマーアップデートでチェンが凄く強くなっていたのには驚いた。あと1ペナントだけでいいからいて下さい・・・
その代わり大竹が☆8に昇格。ジャーマンも☆7に降格してしまったものの、ステータス的には無問題。そして藤井、金子が☆7となった為、戦力的には衰え知らず。
第四ペナは大竹を中心とした布陣。大竹がコスト的に重いため中継ぎが若干緩いものの、絶好調な中継ぎがカバー。
打線は投手陣に比べて目劣りするが、世界の亀井がチームトップの打率と本塁打で目立っている。主砲のヒメネスよりも多くホームラン打ってるってどうよ・・・
そんなこんなで、現在マイナーリーグ一位。攻撃よりも防御で勝ち進んでいる印象。チーム防御率はなかなか低いし。その代わり、三番レフトに固定した鵜久森の失策数が多すぎるのが欠点ですが。チームエラー数の半分がうぐぅだよw
今回も上位に入って、近いうちにメジャーに行ってリベンジしたいですわ。ボッコにされるのが目に見えてるけどw
スポンサーサイト

コメント

 

コメント

 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

Powered by FC2 Blog

FC2Ad


Copyright © 寝たいときには寝ちまおう All Rights Reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。